金澤翔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金澤 翔子(かなざわ しょうこ、1985年6月12日 - )は、東京都目黒区出身の書家。母も同じく書家の金澤泰子。号は小蘭(号の場合、苗字は金沢)。

経歴[編集]

母・泰子が高齢出産にあたる42歳で翔子を出産。新生児期敗血症にかかり、後にダウン症と診断される。当初はその事実を知った泰子は我が子と共に死のうとも考えたが、夫の熱心な想いと遅咲きながらも少しずつ育っていく子の姿を見て思いとどまったという[1]。金澤の書道は母の師事によるものから現在の作風に至っている。講演会や個展、席上揮毫などに金澤が出席する際には必ず泰子が同席している。271文字の般若心経を練習し、字を見て父親が誉めてくれた。趣味は、カラオケとプール。カラオケはモーニング娘。を歌うことが好きで、俳優の小池徹平のファン。マイケルジャクソンの大ファンでもある。好きな文字は「夢」。[2]

1990年、5歳の頃より書道を始め、1995年全日本学生書道連盟展に「花」を初出品する。1999年、日本学生書道文化連盟展に「龍」を出品し銀賞を受賞。2000年にも同じく日本学生書道文化連盟展に「延命十句観音経」を出品して銀賞を受賞。2001年、日本学生書道文化連盟展に「舎利札」を出品し、学生書道としては最高位である金賞を受賞。その後、矢口養護学校に進学する。

2002年、日本学生書道文化連盟展に「觀」を出品し金賞を受賞。翌年に荒井裕司理事を務めるステップアップアカデミー(現・翔和学園)に入学する(中退)。

2004年、書家としての号「小蘭」を取得。2005年、最初の個展である「翔子 書の世界」を銀座書廊で主催[3]

2006年10月、建長寺に「慈悲」を奉納[4]

2009年11月、建仁寺に「風神雷神」を奉納。この作品は同寺蔵の国宝風神雷神図」の隣に展示され大きな反響を呼んだ[4][5]

2012年1月、福島県いわき市に自身初の常設館である金澤翔子美術館を開設[6]。館長となる。

2012年のNHK大河ドラマである平清盛の題字を担当した。

SEKAI NO OWARIのボーカリストFukase リーダーのNakajinは、小学校の時の同級生である。

出演[編集]

書籍[編集]

  • 飛翔(2011年6月30日、青幻舎)ISBN 978-4861523090

共著[編集]

  • 金澤泰子『魂の書-金澤翔子作品集-』(2012年1月25日、清流出版)ISBN 978-4860293796

関連書籍[編集]

  • 金沢泰子『愛にはじまる―ダウン症の女流書家と母の20年』(2006年7月、ビジネス社、書:金澤翔子)ISBN 978-4828412894
  • 金沢泰子『天使の正体―ダウン症の書家・金澤翔子の物語』(2008年12月、かまくら春秋社)ISBN 978-4774004136
  • 金沢泰子『天使がこの世に降り立てば』(2010年4月22日、かまくら春秋社)ISBN 978-4774004655
  • 金沢泰子『天使の正体 改訂版―ダウン症の書家・金澤翔子の物語』(2010年5月、かまくら春秋社)ISBN 978-4774004761
  • 加島祥造『小さき花』(2010年10月29日、小学館、書:金澤翔子)ISBN 978-4093881487
  • 丘修三『希望の筆』(感動ノンフィクションシリーズ)(2011年12月15日、佼成出版社)ISBN 978-4333025091

関連項目[編集]

脚注[編集]