金煥珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金煥珍
基本情報
本名 Hwan Jin Kim
階級 ライトフライ級
国籍 大韓民国の旗 韓国
誕生日 (1955-06-25) 1955年6月25日(64歳)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 22
KO勝ち 8
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

金 煥珍キム・ファンジン: 한국어: Hwan Jin Kim1955年6月25日 - )は、大韓民国の元プロボクサー。元WBA世界ライトフライ級王者。

戦績[編集]

1977年6月17日、プロデビュー。

1978年8月29日、8戦目で後のWBC世界ライトフライ級王者となる中島成雄とノンタイトル戦を行い、10回判定勝ち。

1981年7月18日、2引き分けがあるものの無敗のままで世界初挑戦。母国韓国でWBA世界ライトフライ級王者ペドロ・フローレスメキシコ)に挑み、13回TKO勝ち。王座獲得に成功。10月11日には元WBA世界フライ級王者アルフォンソ・ロペス(パナマ)を15回判定に降し、初防衛成功。

1981年12月16日、2度目の防衛戦。日本仙台渡嘉敷勝男と対戦し、15回判定負け。プロ初敗戦を喫すると同時に、世界王座から陥落した[1]

その後、1982年に判定勝利となる2試合を行った後、1983年1月9日に京都で渡嘉敷と再戦。しかし、ここでも15回判定負けを喫し、王座奪回ならず[1]。この試合を最後に現役を引退した。

最終戦績は22勝(8KO)2敗2分。2敗はいずれも渡嘉敷によって喫したもの。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

前王者
ペドロ・フローレス
WBA世界ライトフライ級王者

1981年7月18日 - 1981年12月16日

次王者
渡嘉敷勝男