金玉均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
キム・オッキュン
김옥균
金 玉均
Kim Ok-gyun.gif
生誕 (1851-02-23) 1851年2月23日
Flag of Korea (1882–1910).svg 大朝鮮国忠清南道公州
死没 (1894-03-28) 1894年3月28日(43歳没)
清の旗 江蘇省上海市
職業 政治家
金玉均
各種表記
ハングル 김옥균
漢字 金玉均
発音: キン・ギョクキン
(キム・オッキュン)
ローマ字 Gim Okgyun
テンプレートを表示
日本亡命中の金玉均(1885年)
洪鐘宇に殺害される金玉均

金 玉均(キム・オッキュン、김옥균、きん ぎょくきん1851年2月23日旧暦1月23日) - 1894年3月28日)は、李氏朝鮮後期の政治家で、清国からの脱却を目指す朝鮮独立党の指導者。朝鮮半島初の諸外国への留学生派遣朝鮮半島初の近代的新聞社漢城旬報』の創刊発行の協力者。『漢城旬報』に1392年を紀元とする朝鮮開国年号の採用した人物。李氏朝鮮時代の大朝鮮国思想家[1]。李氏王朝時代後期の開明派として知られる。は伯温(ペゴン、백온)、は古愚(コウ、고우)。本貫は安東(新安東金氏)。朝鮮の近代化を目指し、大朝鮮国後に大韓帝国大清帝国大日本帝国が同盟し3国で東アジアの衰運を挽回する事を唱え。欧米列強に立ち向かうべきだとする「三和主義」を唱えたが、大朝鮮国第26代国王、初代大韓帝国皇帝高宗の妃、驪興閔氏閔妃勅命により1894年3月28日に洪鐘宇が放った回転式拳銃凶弾に倒れた、殺害の現場は大清帝国江蘇省上海の東和洋行ホテルであった。金玉均死体大清帝国政府軍艦咸靖号で大朝鮮国に返されたが、死後死刑宣告を受ける形で、凌遅刑に処せられたうえで、死体は晒された。妻子に関してはと一人は共に辱めを受けたうえで殺害されたと噂が流れたが、無事保護された。但し、憐れむべき姿だったと言う。金玉均は近年の研究により親日派ではなかったが、当時の新聞報道では親日派と掲載された。日本亡命中の日本名「岩田秋作」も正式なものではなく通名「偽名」であった。そのため、不法移民扱いとなり、金玉均は不幸な事に3国(大朝鮮国後に大韓帝国大清帝国大日本帝国)の政治的な立場により追われる身となってしまった。日本亡命中の金玉均は「三和主義」当時の日本の一部の思想アジア主義に同調した、一部の政治家、一部の軍部、右翼活動家の支援を助ける身であり、しばしば日本の警察の逮捕歴が保護扱いになっている。一覧の経緯に関して同国において謎の工作により闇に葬り去られていた。[2]

略歴[編集]

開化思想[編集]

忠清南道公州に生まれる。1872年科挙文科に合格し官界に入る。朴珪寿、呉慶錫らの影響で開化思想を抱いた。同じ仏教徒である李東仁の日本留学資金を援助[1]大朝鮮国第26代国王、初代大韓帝国皇帝高宗の王命を受けて1882年2月から7月まで日本に遊学し、福澤諭吉の支援を受け、慶應義塾興亜会に寄食する。当時の日本の一部の思想アジア主義金玉均が独自に東アジアに特化された「三和主義」を後に発案し唱えた。1882年10月、壬午事変後に締結された済物浦条約の修信使朴泳孝らに随行して再度日本を訪れ、福澤諭吉から紹介された井上馨を通じて横浜正金銀行から運動資金を借款し[1]、朝鮮半島初の諸外国への留学生の派遣や朝鮮半島で初めての新聞である『漢城旬報』の創刊発行に協力した。 幾多の功績は朝鮮半島の近代化に貢献した、一部の有識者や福澤諭吉には朝鮮半島の近代化の父とも呼ばれる貢献を残した。 漢城旬報とは。創刊発行は政府機関の「博文局」である。「博文」の意味は大朝鮮国民に広く文学的に読み書きが広がるように、さらに博学的に知識が身につくように、願いを込めた意味がある。 日本国の初代内閣総理大臣伊藤博文の「博文」とは無関係であり関係ない。

金玉均の墓(青山霊園

日本と清との関係[編集]

清朝からの独立し、日本の明治維新を模範とした朝鮮の近代化を目指した。1883年には借款交渉のため国王の委任状を持って日本へ渡ったが、交渉は失敗に終わり、翌1884年4月に帰国[1]。清がベトナムを巡ってフランス清仏戦争を開始したのを好機と見て、12月には日本公使・竹添進一郎の協力も得て閔氏政権打倒のクーデター(甲申事変)を起こす。事件は清の介入で失敗し、わずか3日間の政権で終了した。

井上角五郎[3]らの助けで日本に亡命する。日本亡命中には岩田秋作と名乗っていた[4]

暗殺[編集]

当時の日本政府の政治的立場から、東京札幌、栃木県佐野小笠原諸島などを転々とした後、李経方李鴻章の養子、日本淸国公使官)と李鴻章に会うため、上海に渡ったが、1894年3月28日、上海は東和洋行ホテルで洪鐘宇[5]によって回転式拳銃で暗殺された。

金玉均死体大清帝国政府により軍艦咸靖号で本国大朝鮮国に運ばれて死後死刑宣告され凌遅刑に処されたうえで四肢を八つ裂きにされ、胴体は川に捨てられ、首は京畿道竹山、片手及び片足は慶尚道、他の手足は咸鏡道で晒された[6]

死後[編集]

諭吉は上海で暗殺された金玉均の供養のために法名をつけることを真浄寺の住職である寺田福寿に依頼し、福寿はただちに諭吉の要請に応え、「古筠院釈温香」という法名を付け、法要は東京朝鮮公使付通官山崎英夫や朴泳孝などを諭吉邸に招いて営んだ。遺髪と衣服の一部は金玉均の護衛であった日本人和田延次郎が密かに日本に持ち帰り、宮崎滔天たちによって浅草本願寺で葬儀が営まれた。甲斐軍治によっても遺髪、衣服の一部が日本に持ち込まれ、東京文京区の真浄寺にその墓所がある。現在、同じ場所に甲斐の墓もある。

さらに犬養毅頭山満らの支援で東京の青山霊園の外人墓地に墓が建てられた。墓碑には朴泳孝の撰文、興宣大院君の孫である李埈鎔の書で以下が刻まれている。また千住勝専寺には金玉均の揮毫による鐘楼再建記念の碑文がある。

嗚呼、抱非常之才、遇非常之時、無非常之功、有非常之死(以下略)
ああ 大変な時期に たぐいまれなる才を抱き 大きな功績を残せず 無情の死)[7]
金の愛人・杉谷玉[8]。函館の芸者で金の札幌時代に知り合い、金とともに上京。金が上海へ行ったあとも陰膳をして無事を祈っていたが、金の支援者だった宮崎滔天によると、金の葬儀で会ったときはすでに別の男性と再婚していたという。

金玉均の妻子については処刑された[9]とも逃亡したとも噂され行方不明であったが、日本は探偵を送ってその捜索を始めた。1894年12月、当時東学党の乱(甲午農民戦争)を鎮圧中の日本軍が忠清道沃川近傍で金玉均の妻と女子を偶然発見して保護した。その時の2人は実に憐れむべき姿だったという。後に京城に護送して朴泳孝、徐光範が預かることとなったが、妻子は金玉均が暗殺されていたことも知らなかった。この資料はアジア歴史資料センターレファレンスコード:B03030202500『金玉均謀殺並ニ兇行者洪鐘宇ニ関スル件/4 明治27年4月16日から明治27年12月21日』の発第130号 『朴泳孝復爵甲申明治17年罪犯赦免金玉均妻女発見ノ件』で見ることができる。

金玉均ノ妻女及ビ女子ハ忠清道沃川ヨリ護送セラレテ着京セリ抑モ金玉均ノ妻女ニ付イテハ本春已来屡々探偵ヲ尽シタルモ或イ生存シ居ルト云ヒ或イ殺害サレタリト云ヒ 其説一ナラザリシガ今般 東学党討伐ノ我軍隊ガ沃川近傍ニ於テ該巨魁ヲ捜索中端ナクモ右ノ母子二人ニ探リ当タルニ付(以下略)

著作には『治路略論』、『甲申日録』がある他、書家としての才能も評価されている。

没後の周辺[編集]

金や朝鮮の文明開化による自立を支援してきた福沢諭吉は1885年(明治18年)2月23日2月26日の論説に、「朝鮮独立党の処刑(前・後)」という論説では、李氏朝鮮が凌遅刑という残忍な方法で甲申政変後に金玉均ら開化派の三親等の一族処刑して遺体を晒し者にした報を聞いて、朝鮮の体制を激しく非難し、金ら朝鮮開化派の死を涙している。

人閒娑婆世界の地獄は朝鮮の京城に出現したり。我輩は此國を目して野蠻と評せんよりも、寧ろ妖魔惡鬼の地獄國と云わんと欲する者なり。而して此地獄國の當局者は誰ぞと尋るに、事大黨政府の官吏にして、其後見の實力を有する者は即ち支那人なり。我輩は千里遠隔の隣國に居り、固より其國事に縁なき者なれども、此事情を聞いて唯悲哀に堪えず、今この文を草するにも淚落ちて原稿紙を潤おすを覺えざるなり[10] — 『時事新報』1885年(明治18年)2月26日、Wikisource-logo.svg 朝鮮独立党の処刑(後編)

著名な脱亜論もこの出来事の約3週間後に書かれたため、平山洋は「脱亜論」の内容が「朝鮮独立党の処刑(後編)」の要約になっているとして脱亜論への影響があると分析している[11]

日本滞在中は頭山満に紹介された本因坊秀栄囲碁を通じての深い交流があり、秀栄は北海道、小笠原諸島にも慰問に訪れていた。また死の直前に友人に贈った碁盤(浮木の盤)は1976年日本棋院に寄贈されたが、没後100年を経た1995年韓国棋院に贈呈された。

暗殺された日、親しかった頭山満の夢枕に立ったという[12]

暗殺者の洪鐘宇は逮捕後に朝鮮政府の交渉により釈放された。帰国後に高宗から激賞され、守旧派の一員として要職に就き、開化派を弾圧した。だが甲午農民戦争後に日本が圧力を強めたことから1903年に失脚して済州島に流され、1913年に貧困のうちに没した。

金玉均の墓がある青山の外人墓地では月額590円の管理料金がかかるが、これを5年以上滞納していたために撤去通告が2004年に東京都から出された。通告に驚いた韓国大使館は滞納中の管理料を代納し、移転の危機を免れた[13]

韓国での評価[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 金玉均の政治亡命と日本大畑 篤四郎 , 早稲田法学, 51(1-2),133-151 (1976-03-20)
  2. ^ 宮崎滔天 三十三年の夢松岡正剛の千夜千冊、1168夜、2006年12月30日
  3. ^ 3. 京城小事変並ニ栗野書記官同地ヘ出張/3 明治18年12月27日から〔明治19年〕1月20日
  4. ^ アジア歴史資料センター Ref.B03030200700 pp51のうちp.9より「金玉均は岩田秋作、劉岳樓は山田惟一、張殷奎は田中虎造と称して、各々立派な戸籍を有するそうである。もっともその戸籍は長崎に於いて得たものであると云う。」
  5. ^ 今日の歴史(2月22日) 聯合ニュース 2009/02/22
  6. ^ 写真および資料はアジア歴史資料センター Ref.B03030202500で見ることができる。晒された首には「大逆不道玉均」と見える説明が添えられている(晒し首にされる金玉均(朝鮮)の写真)。
  7. ^ 可読性のため、原文に読点を挿入した。
  8. ^ 宮崎滔天 三十三年の夢松岡正剛の千冊千夜、1168夜、2006年12月30日
  9. ^ 岩波書店『福澤諭吉全集』第10巻「朝鮮独立党の処刑」では「金玉均、徐載弼、徐光範の父母妻子は2月2日を以て南大門に絞罪に処せらる。」とある。
  10. ^ 「人間現世世界の地獄が朝鮮の京城に出現した。私はこの国(朝鮮)を既に野蛮と評するよりも、むしろ妖魔悪鬼の地獄国と呼びたい者である。それに加えて地獄絵図を作った当局者は誰かと尋ねるならば、事大党政府官僚達であり、その後見の実力を持っている者はつまり支那人()である。私は極めて遠く離れた隣国に居るので、もとより其の国事に縁は無い者であるけれども、この事情を聞いてただ悲しくてたまらない。今この原稿を書こうにも涙がこぼれて原稿用紙を湿らせることを感じないのだ。」
  11. ^ 平山洋『福沢諭吉の真実』
  12. ^ 『快傑伝』第3編 伊藤痴遊編 (忠誠堂, 1926)
  13. ^ 改葬免じた東京の金玉均墓地(中央日報WEB日本語版 2005.05.23)

登場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 朝鮮ガンマン(2014年、演:ユン・ヒソク)

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンクおよび参考文献[編集]

  • 「朝鮮独立党の処刑」
  • 金玉均ノ横死 膺懲義戦最新歴史(絵師 年英)金松堂(東京経済大学)
  • 金玉均氏遭難事件 (絵師 小国政)福田熊次郎(東京経済大学)
  • 金玉均の書
  • アジア資料センター
    • 金玉均謀殺並ニ兇行者洪鐘宇ニ関スル件 / 1 明治27年1月31日から明治27年4月4日 レファレンスコード:B03030202200
    • 金玉均謀殺並ニ兇行者洪鐘宇ニ関スル件 / 2 明治27年3月28日から明治27年4月17日 レファレンスコード:B03030202300
    • 金玉均謀殺並ニ兇行者洪鐘宇ニ関スル件 / 3 明治27年4月6日から明治27年4月23日 レファレンスコード:B03030202400
    • 金玉均謀殺並ニ兇行者洪鐘宇ニ関スル件 / 4 明治27年4月16日から明治27年12月21日 レファレンスコード:B03030202500
  • 久我山稲荷神社の石碑