金環三結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
姓名 金環三結
出身地 -
職官 第一洞元帥
陣営・所属等 孟獲
家族・一族 -

金環三結(きんかんさんけつ)は、中国の通俗歴史小説『三国演義』に登場する架空の武将。諸葛亮の南征において、南蛮王孟獲配下の三洞元帥として登場する。管轄は第一洞。

南蛮攻略のため侵攻してきた諸葛亮を迎撃するため、他の三洞元帥阿会喃董荼那と共に出陣する。しかし、趙雲の夜襲を受け、一騎討ちを演じるが、一突きで馬から突き落とされ、首級を獲られてしまう。