金田一氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金田一氏(きんだいちし)は、日本の氏族の一つ。

出自[編集]

系胤譜考』では南部支族四戸氏の分流に属する。武田彦三郎が天正19年(1591年)の九戸政実の乱の後に、南部信直より二戸郡金田一[1]を領地に賜り、在所をとって氏とした。と、通説となっているが、「奥南旧指録」には平館氏、長牛氏らと同様、一戸氏庶流と記載されている。

また、それ以前より金田一村を領して金田一氏を称する家系もあり、早くから三戸南部氏直属の家臣となっていたらしく、「南部根元記」には、九戸政実の乱に際して、南部信直の陣には、金田一下総、同右馬之介、切田小太郎などの名が見られる。

系譜[編集]

 四戸氏支族 絞旧割菱
        南部宗朝
          : 
          : 
        武田彦三郎
          ┃
        金田一駿河
          ┣━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━┓
           駿河    義孚      市助    忠次郎
          ┃     ┃       ┃     ┣━━━━━━━┳━━━┓
           玄言    忠玄      義尚    言政      吉次  義秀
          ┃     ┃       ┃     ┃
           与三郎   玄倚      義綱    吉氏
                ┣━━━┓   ┃     ┣━━━┓
                 殊高  義祐  義治    吉久  吉豊
           ┏━━━━┫       ┃     ┃
            義房   義武      義路    吉定
                ┃       ┃
                 忠弥      義休    
                ┃       ┃
                 良左衛門    義辰
                ┃

また、岩手郡仁王村四ツ家町(現:盛岡市本町通二丁目)に、屋号を「大豆屋」とする和薬問屋の金田一家がある。家伝[2]によれば、姓は出自の金田一村(二戸市)によるものといい、元禄年間より検断を務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「金田一 キンダイチ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1951頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/55 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由
  • 『南部藩 参考諸家系図』第1巻、国書刊行会、1984年12月15日。ISBN 978-4-336-01144-2。
  • 『岩手県史』第3巻 中世篇 下、岩手県、1961年10月20日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年3月8日。ISBN 4-04-001030-2。
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第3巻 「岩手県姓氏歴史人物大辞典」』 角川書店、1998年5月18日。ISBN 4-04-002030-8。

関連項目[編集]