金田一真澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

金田一 真澄(きんだいち ますみ、1949年1月4日 - )は、日本ロシア語学者博士(文学))。慶應義塾大学名誉教授長野県立大学学長。

来歴[編集]

祖父は日本語学者で著名な金田一京助、父は金田一春彦。ゴルフライターの金田一美奈子(田中美奈子)は姉。金田一秀穂は弟。曾祖父の兄は実業家金田一勝定。再従姉に大映映画で美人女優として活躍した金田一敦子がいる。

子供の頃は国語が苦手で、早稲田大学理工学部電気工学科へ進学し半導体の研究をしたが、修士課程修了後に言語学研究に転じ、慶應義塾外国語学校ロシア語をマスターする。1982年早稲田大学大学院文学研究科ロシア文学専攻修士課程、1988年東京大学大学院人文科学研究科露語露文専門課程博士課程単位取得。1989年慶應義塾大学理工学部専任講師、同助教授を経て、1996年に同教授に昇任。2014年3月に慶應義塾大学を定年退職し同名誉教授の称号を得る。同年4月より北杜市金田一春彦記念図書館山梨県北杜市図書館)名誉館長に就任。2018年長野県立大学初代学長に就任。

人物[編集]

ロシア語を勉強したのは、旧ソ連の最新の科学技術を勉強するために不可欠だったということもあるが、本格的に言語学の道に転じた背景としては、祖父の京助が、アイヌの言語研究をライフワークとしていたことも影響しているとみられる。その姿勢は弟の秀穂にも影響を与えた。

NHK教育テレビの『ロシア語会話』(各国語学講座)講師を務めた。なお、NHK「ロシア語会話」は真澄が早稲田の大学院に通っていた時代に放送開始となったが、そのときに担当教官の指示で理工系向けの露和単語集(専門用語辞典)の編纂作業に加わっている。

学歴[編集]

  • 1971年 - 早稲田大学理工学部電子工学科卒業
  • 1976年 - 早稲田大学大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了
  • 1982年 - 早稲田大学大学院文学研究科ロシア文学専攻修士課程修了
  • 1988年 - 東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専門課程単位取得退学
  • 1991年 - 東京大学に博士論文「ロシア語における「歴史的現在」」を提出し博士(文学)の学位を取得。

著作[編集]

共編著[編集]

  • 『科学技術ロシア基本単語集』早川光雄共編、白水社、1973年
  • 『ロシア文学への扉-作品からロシア世界へ』編著、慶應義塾大学出版会、2007年6月

翻訳[編集]

関連項目[編集]