この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

金田久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

No image.svg 金田 久美子 Golf pictogram.svg
Kumiko Kaneda
基本情報
名前 金田 久美子
生年月日 (1989-08-14) 1989年8月14日(30歳)
身長 166 cm (5 ft 5 in)
体重 51 kg (112 lb)
出身地 愛知県名古屋市
経歴
プロ転向 2008年12月
成績
優勝回数 日本女子:1回
初優勝 フジサンケイレディスクラシック(2011年)
世界ランク最高位 44位(2011年10月17日)
賞金ランク最高位 日本女子:19位(2011年)
2012年5月29日現在
テンプレートを表示

金田 久美子(かねだ くみこ、1989年8月14日 - )は、愛知県名古屋市出身[1]の女子プロゴルファースタンレー電気所属。クラーク記念国際高等学校卒業[2]石井忍に師事。得意クラブはウェッジパター。ニックネームで「キンクミ」と呼ばれる[3][4]。血液型A型[2]

略歴

3歳でゴルフを始める。8歳の時には「世界ジュニア選手権」(10歳以下の部)を制し、タイガー・ウッズに並ぶ記録を作った。2003年-2004年日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権中学女子の部を2連覇。その後も「日本ジュニア」、「世界ジュニア」、「中部女子アマチュア」などの数々のアマチュアの大会で優勝。

プロのトーナメントでは2002年リゾートトラストレディスで最年少予選通過記録(12歳9ヶ月)を作った。2004年ゴルフ5レディスで3位タイ、2006年ニチレイPGMレディスで4位タイ、2007年ベルーナレディースで4位タイに入った。

2008年度はプロテストで1打足りず不合格。年末に行われたクオリファイングトーナメントでトップ通過を果たし、ツアーへの参戦資格を得る。

2010年5月22日、第28回中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン2日目、愛知県豊田市の中京ゴルフ倶楽部石野コース12番ホールにて、自身初のホールインワンを達成。

2011年4月24日、第30回フジサンケイレディスクラシック最終日に前日の8位から5打差を逆転してツアー初優勝[5]

2012年以降は勝利から遠ざかっているが、安定した戦いで、2014年を除き毎年賞金シードを確保している。

人物

タイガー・ウッズに憧れ、また、「辻村明須香のような強くておしゃれなゴルファーになりたい」と語る。そのため、他の女子プロゴルファーと比較してもきらびやかなメイクを施し、ネイルアートギャルファッションでコーディネイトしているため「ギャル + ゴルファー」でもじってギャルファーと自称している[6]。 またへそピアスを開けている。

脚注

  1. ^ 金田 久美子 プロフィール詳細”. JLPGA. 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ a b 金田久美子プロフィール”. ALBA (2020年3月20日). 2020年5月30日閲覧。
  3. ^ キンクミが石川遼に熱視線”. ALBA (2010年9月30日). 2020年5月30日閲覧。
  4. ^ キンクミ、契約フリーになる。「一番飛ばせるものを選びました」というドライバーが、市販品とちょっと違う!?”. みんなのゴルフダイジェスト (2019年3月20日). 2020年5月30日閲覧。
  5. ^ “キンクミがプロ初優勝”. 産経ニュース. (2011年4月24日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110424/glf11042414590001-n1.htm 2011年4月24日閲覧。 
  6. ^ “ビジュアル系“ギャルファー”金田久美子 ゴルフ界の個性派No.1”. 産経ニュース. (2009年5月30日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110424/glf11042415580002-n1.htm 2011年4月24日閲覧。