金甲淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金甲淳
各種表記
ハングル 김갑순
漢字 金甲淳
発音: キム・カプスン
日本語読み: きん こうじゅん
ローマ字 Gim Gab-sun
Kim Kap-soon: Kim Kap-soon
テンプレートを表示

金甲淳(きん こうじゅん、キム・カプスン、朝鮮語:김갑순、1872年 - 1961年)は、韓国朝鮮王朝の文臣、政治家日本統治時代の企業家である。日本統治時代の朝鮮忠清南道の最高の富豪であった。

奴隷や官奴出身で[1]1899年に官職に上がって総巡、内蔵院捧税官、忠清南道捧税官などを歴任した。[2] 1902年扶餘郡守、魯城郡守、公州郡守、林川郡守、金化郡守、1910年公州郡守、1911年牙山郡守などを歴任した。1910年日韓併合後には、運輸業、劇場事業、不動産投機で莫大な金を稼いだ。[3] 1920年代後半から買い付けた大田の土地は1932年忠清南道道庁の対戦前に地価が坪当り1,2錢で1百に上昇して莫大な富を獲得した。本名は淳甲、号は東尤(ドンウ)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [조용헌의 八字기행] 조상 묫자리 덕에 구한말 갑부 된 김갑순…노비로 태어나 부동산 투기로 축재 매일경제 2012.07.30 (朝鮮語)
  2. ^ 金甲淳 (朝鮮語)
  3. ^ 친일파 김갑순 후손, 행정도시 주변 '조상땅' 되찾아 오마이뉴스 2005.09.14 (朝鮮語)