金相賢 (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
金 相賢
基本情報
本名 金 相賢
階級 スーパーライト級
身長 175cm
国籍 韓国の旗 大韓民国
誕生日 (1955-01-18) 1955年1月18日(62歳)
出身地 釜山広域市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 48
勝ち 41
KO勝ち 24
敗け 4
引き分け 3
テンプレートを表示

金 相賢(キム・サンヒョン、朝鮮語: 김상현英語: Sang-Hyun Kim1955年1月18日 - )は、韓国の元男子プロボクサー釜山市出身。WBC世界スーパーライト級王者を2回防衛した。

来歴[編集]

1973年9月25日、韓国でプロデビュー。デビュー以来17戦無敗(15勝2分)を記録した。

1977年1月24日、18戦目でOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者ウォンソ・スセノに挑戦し、12回判定負けで王座の獲得に失敗するとともにキャリア初敗北となった。

1978年9月23日、27戦目でOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者モイセス・カントハに挑戦し、12回判定勝ちで王座を獲得した。

1978年12月30日、29戦目でWBC世界スーパーライト級王者センサク・ムアンスリンに挑戦し、13回KO勝ちで世界王座を獲得した。

1979年3月17日、ノンタイトルマッチで元WBC世界スーパーフェザー級王者リカルド・アルレドンドと対戦し、6回KO勝ち。アルレドンドはこの試合で引退した。

1979年10月4日、タイトルマッチで用皆政弘と対戦し、11回KO勝ちで2度目の防衛に成功した[1]

1980年2月23日、3度目の防衛戦でソウル・マンビーと対戦し、14回KO負けで王座から陥落した。

1981年4月26日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座を再獲得。同王座は3度防衛した。

1983年4月2日、WBA世界スーパーライト級王座アーロン・プライヤーに挑戦し、3回KO負けで王座獲得ならず。この試合を最後に引退した。

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]


WBC世界スーパーライト級王者
表示
在位期間
センサク・ムアンスリン 1978年12月30日 - 1980年2月23日 ソウル・マンビー