金融取引税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金融取引税は特定の目的に対する、特定の種類の金融取引(英語: financial transactionに課せられる租税である。その概念は金融サービスで広く共通して考えられてきた;それは通常消費者が支払う消費税を含めずに考えられる。[1]

取引税は金融機関そのものにおいて徴税されるものではない;むしろ、課税の対象となる目的とするところの特別な取引において徴収される。であるから、もし金融機関が全くその課税対象となる取引を行わないならば、取引税の対象と全くならない。[2]なおその上、もしある金融機関が一つのそのような取引を行えば、その一つの取引に対してだけ課税される。それらの上で、例えばこの税は金融活動税英語版(英:financial activities tax、略してFAT)でも、金融安定な寄付(英:financial stability contribation、略してFSC)、もしくは銀行税(英語: Bank taxでもない。[3](1936年にジョン・メイナード・ケインズが元々展望したように)他のいかなる行為も抑制せずに過度の投機を選択的に抑制する手段として金融取引税を扱う議論においてこの明確化は重要である。[4]

金融取引税は幾つかのタイプがある。各々はそれらの目的を持つ。あるものは提案に過ぎない一方で、あるものは既に実現されている。それらの概念は多くの組織や世界中の地域で考えられた。あるものは地域として一つの国内で使うのを意味する;これに反してあるものは多国間である。[5]380億ドル(290億ユーロ)を計上する、2011年ではFTTを使っている国は40ヶ国ある。[6][7]

概念の歴史[編集]

1936年に、ジョン・メイナード・ケインズ (1933) はある見地から金融取引税を眺めた。

ロンドン証券取引所印紙税英語版の形の初期の金融取引税の実施が1694年に見られた。その購買が正式なものであるよう求められる、法的な書類に役人が消印を押すために、株式の買い手によって、その税は支払いできた。2011年現在で、それはイギリスで現存する最古の租税である。[8]

目的[編集]

各々の金融取引税(FTT)の提案がそれのもつ独特の企図目的をもつにもかかわらず、それらの多くに共通するものである、幾らかの一般的な企図目的がある。以下のものはこれらの一般的な共通点の幾らかである。その企図目的は達成するかまたはそうでないかもしれない。

金融市場の揮発性の抑制[編集]

ケインズが最初に金融取引税を提案した、1936年に、彼は書いた、「投機家は、企業のひとつの落ち着いた風潮において、バブルのように、傷つけないかもしれない。しかし企業が投機の渦潮におけるバブルとなる場合にその状況は深刻である。」[9]

掛けつなぎを挫くことなく投機を抑制すること[編集]

個々の投機家の数多くが先入観なしに短期と長期の両方の立場をとりたがることの働きは、価格バブルと資産膨張の防止の幾らかの役割を行う。しかしながら、過度の投機はしばしば、揮発性の原因であるだけでなく、また技量の気が散ることと経済発展のための焦点の危険な移り変わりでもある、と見なされる。

より公正で容易な徴税[編集]

ほかの共通の論題はより公明正大で公平な徴税の体系を創り出すような趣旨の提案である。自動払い取引税(英語: Automated Payment Transaction tax(APT税)は幅広い課税基準に課税する、すなわち、不動産ならびに金融資産のすべての取引をふくむすべての取引を。

他の方法よりも脱税を受けにくいこと[編集]

何人かの経済学者によれば、金融取引税は金融セクターにたいする、その他の提案された類型の課税よりも、より回避と脱税英語版を受けにくい。自動払い取引税英語版APT税英語版[10]は、銀行支払いシステムの電子的な技術をとおして取引がすえられた場合に、自動的な租税査定と徴税のために21世紀の技術を採用する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ With the exception, perhaps, of the bank transaction tax which taxes transactions on bank accounts and the Automated Payment Transaction tax which taxes all transactions.
  2. ^ This illustration is attributed to the public lecture of economic Rodney Schmidt, Principal Researcher, The North-South Institute, 20 June 2014, at the People's Summit, held at Ryeson University Tronto, Canada
  3. ^ The Canadian Press (2010年6月24日). “Flaherty says global bank tax a distraction for G20”. CTV news via The Canadian Press. オリジナルの2010年10月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101031060550/http://www.ctv.ca/CTVNews/Canada/20100624/Flaherty-on-bank-tax-100624/ 
  4. ^ Stephen Sparatt of Intelligence Capital (2006年9月). “A Sterling Solution”. Stamp Out Poverty report. Stamp Out Poverty Campaign. p. 19. 2010年1月2日閲覧。
  5. ^ Richard T. Page (2010). Foolish Revenge or Shrewd Regulation? Financial-Industry Tax Law Reforms Proposed in the Wake of the Financial Crisis?. Tul.L.Rev.: 191,193-195,205-14. http://www.papers.ssrn.com/so13/papers.cfm?abstruct_id=1724530. 
  6. ^ Stephany Griffith-Jones; Avinash Pesaud (12 March 2012), Why critics are wrong about a financial-transaction tax, European Voice, http://www.europeanvoice.com/article/2012/march/why-critics-are-wrong-about-a-financial-transaction-tax/73843.aspx 2012年3月12日閲覧。 
  7. ^ Stephany Griffith-Jones; Avinash Pesaud (February 2012). Financial Transactions Taxes - a report produced for the Committee on Economic and Monetary Affairs (Report). http://stephanygj.net/papers/FTT.pdf. 
  8. ^ (Dieter 2003), pp. 7
  9. ^ (Keynes 1936), pp. 104-105
  10. ^ Feige (2000).

引用文献[編集]

  • Dieter, Heribert (2003). Reshaping globalisation: a new order for international financial markets. Institute for Global Dialogue. ISBN 978-1-919697-64-2. https://books.google.com/?id=gX2wAAAAIAAJ&q=%22stump+duty%22+1694++%22london+stock+exchange%22&dq=%22stump+duty%22++1694++%22london+stock+exchange%22. 
  • Keynes, John Maynard (1936). The General Theory of Employment, Interst and Money . http://biblioeconomicus.googlepages.com/KeynesJohnMaynard-TheGeneralTheoryOfEmploymentInterestAndMoney.pdf. 
  • Feige, Edgar L. (2000). “Wiley Online Library: Not Found”. Economic Policy 15 (31): 474-511. doi:10.1111/1468-0327.00067.