金融調節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

金融調節(きんゆうちょうせつ)とは経済学用語の一つ。中央銀行金融市場全体の資金の過不足を調節することを金融調節と言う。中央銀行が資金の供給、吸収を行うという形で実施されており、このことが金利水準やマネーサプライに影響を及ぼす。金融機関への貸し出しと、市場での売買取引を行うということが金融調節を行う手段である。日本では日本銀行が実施している金融政策決定会合でこれの方針が決められており、これの実現のために金融市場で民間金融機関を相手に債券手形の売買が実施されている。