金谷利廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金谷 利廣(かなたに としひろ、1935年(昭和10年)5月17日[要出典] - )は最高裁判所判事

略歴[編集]

1958年(昭和33年)に京都大学法学部卒業[要出典]司法修習を経て、裁判官となる[要出典]裁判現場を経て、1988年(昭和63年)に[要出典]最高裁判所総務局長[1]1991年(平成3年)に[要出典]奈良地方裁判所所長[1]1993年(平成5年)に[要出典]最高裁事務総長などを務め、司法行政に携わる[1]

その後、1996年(平成8年)に[要出典]東京高等裁判所長官を経て、1997年(平成9年)10月に最高裁判事に就任[1]

2005年(平成17年)5月に定年退官[要出典]2007年(平成19年)4月に旭日大綬章を受章[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 野村二郎、115頁。

参考書籍[編集]

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)