金載燁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
獲得メダル
柔道
大韓民国の旗 大韓民国
オリンピック
1988 ソウル 60kg級
1984 ロサンゼルス 60kg級
世界柔道選手権大会
1987 Essen 60kg級
アジア競技大会
1986 Seoul 60kg級
金 載燁
各種表記
ハングル 김 재엽
漢字 金 載燁
発音: キムジェヨプ
ローマ字 Kim Jae-Yup
テンプレートを表示

金 載燁(キム・ジェヨプ、: 김재엽, 1965年5月17日 - )は、韓国柔道家である。身長172cm[1]

経歴[編集]

1984年ロサンゼルスオリンピックに19歳で出場、決勝戦で日本細川伸二に敗れたが銀メダルを獲得した[1]。3年後の1987年世界柔道選手権大会では決勝戦で再び細川と対戦、細川を下して優勝した。翌1988年、自国で開催されたソウルオリンピックでも金メダルを獲得した。この大会では細川は準決勝で不可解な判定で敗れたため[2][3]、再戦はなかった[1]

現役引退後は東ソウル大学教授に就任した。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Biography and Olympic Results
  2. ^ 【114の金物語】(79)柔道・60キロ級 細川伸二[リンク切れ]「産経新聞」
  3. ^ 【第79号】細川伸二-持ち前の強心臓で一気に勝ち抜く”. 2008年9月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月14日閲覧。
  • 金載燁 - JudoInside.comのプロフィール (英語)