金重凱之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金重 凱之(かねしげ よしゆき、1945年(昭和20年)4月5日 - )は、日本の元・警察官僚。元警察庁警備局長。日本における危機管理の第一人者。危機管理経営アナリスト。

1969年3月、京都大学法学部卒業、1975年6月米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)修了。国際関係学修士

1969年4月、警察庁に入る。京都府警本部、大阪府警本部の課長を経て、警視庁に勤務。教育訓練、警備関連の課長、第1方面本部長、人事・監察・制度調査関連の課長・参事官、警備部長を歴任。その後、静岡県警本部長を務めた後、警察庁において総務審議官(現総括審議官)、警備局長を歴任。2000年7月の「九州・沖縄サミット」では警備対策責任者を務め、2001年6月退官。

この間、1980年から外務省に出向して在米日本大使館1等書記官、1990年から防衛庁(現防衛省)に出向して防衛局調査第1課長、1993年から内閣官房に出向して内閣総理大臣秘書官(細川総理、羽田総理及び村山総理(当時))を歴任。それぞれのポストにおいて、主として政府の危機管理に係る諸課題に従事。

退官後、株式会社電通顧問。2003年に株式会社国際危機管理機構、2006年に株式会社都市開発安全機構を設立し、代表取締役社長に就任。2013年4月、一般社団法人ニューメディアリスク協会(NRA)会長。2016年7月から株式会社国際危機管理機構取締役会長。これまで上場企業及び外資系企業を含む数百社の危機管理経営コンサルティングの実績を持つ。また、上場企業及び外資系企業を含め、社外取締役、社外監査役、企業内コンプライアンス委員会の委員等多数のポストに就いている。

一方、東京都参与(危機管理担当)や経済産業省、文部科学省、総務省等の政府委員会等のメンバーとしても活躍。2009年11月、「核物質管理功労者」として文部科学大臣賞受賞。2015年4月、瑞宝中綬章受章。

著書に『その時役立つ!危機管理とコンプライアンスのための実践ハンドブック』『ビジネスリーダーのためのコンプライアンス教本』『最強の危機管理~NSCから学ぶ、時代を生き抜くトップリーダーの決断』『会社のための災害対策マニュアル作成術』。共訳書に『経済的自由と倫理』『誘拐・ハイジャック・企業恐喝』『新ニッポンの警察』。共編著書に『危機管理読本』。監修書に『現場に役立つビルの防火・防災管理50ポイント』。その他雑誌記事等多数。

年譜[編集]

  • 1945年(昭和20年)4月5日 - 熊本県山鹿市に生まれる。
  • 1964年(昭和39年)3月:福岡県立小倉高校卒業
  • 1969年(昭和44年)
    入庁同期に、漆間巌林則清、中田好昭(関東管区警察局長)など。
  • 1975年(昭和50年)6月:ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院修了
  • 1980年(昭和55年)5月:在米日本大使館一等書記官
  • 1988年(昭和63年)3月:警視庁第一方面本部長
  • 1990年(平成2年)8月:防衛庁防衛局調査第一課長
  • 1993年(平成5年)8月:内閣総理大臣秘書官(3代の総理(細川護熙羽田孜村山富市)に仕えた秘書官は史上初)
  • 1997年(平成9年)4月:警察庁長官官房総務審議官(現 総括審議官
  • 1999年(平成11年)1月:警察庁警備局長(沖縄サミットの警備を取り仕切る)
  • 2001年(平成13年)5月:株式会社電通顧問
  • 2002年(平成14年)
    • 4月:株式会社国際リスク総合研究所代表取締役社長
    • 5月:東京都危機管理担当参与
  • 2003年(平成15年)
    • 5月:特定非営利活動法人日本災害医療支援機構理事
    • 6月:株式会社国際危機管理機構代表取締役社長
  • 2004年(平成16年)
    • 6月:株式会社上毛取締役
    • 8月:経済産業省総合資源エネルギー調査会臨時委員
    • 9月:株式会社一柳アソシエイツ特別顧問
    • 9月:文部科学省原子力安全技術アドバイザー
  • 2005年(平成17年)
    • 9月:内閣府大規模災害被災地支援あり方検討会委員
    • 9月:経済産業省核物質防護秘密監査委員会委員
    • 10月:文部科学省放射線源安全セキュリティ検討WG委員
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 5月:特定非営利活動法人自転車環境創造ネットワーク最高顧問
    • 8月:経済産業省中越沖地震原子力施設調査対策委員会委員
  • 2009年(平成21年)11月:「核物質管理功労者」として文部科学大臣賞受賞
  • 2012年(平成24年)2月:外務省外務研修所講師
  • 2013年(平成25年)
    • 4月:東京証券取引所自主規制法人外部アドバイザー
    • 4月:一般社団法人ニューメディアリスク協会会長
  • 2015年(平成27年)
    • 1月:株式会社LCレンディング社外取締役
    • 4月:瑞宝中綬章受章
    • 8月:株式会社タマホーム社外取締役
  • 2017年(平成29年)4月:株式会社エルテスセキュリティインテリジェンス代表取締役
  • 2018年(平成30年)5月:株式会社エルテス取締役

所属団体等[編集]

  • 1975年(昭和50年):財団法人日本国際政治学会会員
  • 1998年(平成10年):警察政策学会会員
  • 2001年(平成13年)12月:静岡県立大学大学院経営情報学研究科非常勤講師(社会危機管理特論)
  • 2002年(平成14年)
    • 1月:銀座ロータリークラブ会員
    • 4月:杏林大学大学院国際協力研究科非常勤講師(リスクマネジメント特論)
    • 9月:米緊急事態管理国際協会(IAEM)特別委員
  • 2003年(平成15年)
    • 5月:日本災害医療支援機構(JVMAT)理事
    • 10月:社団法人経済同友会会員
  • 2004年(平成16年)7月:財団法人全国市町村振興協会市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)講師
  • 2006年(平成18年)6月:NPO法人日本コーポレート・リスクマネージャー協会理事
  • 2007年(平成19年)4月:英国国際戦略問題研究所(IISS)会員
  • 2012年(平成24年)2月:外務省研修所講師
  • 2013年(平成25年)4月:一般社団法人ニューメディアリスク協会会長

主著[編集]

  • 著書『その時役立つ!危機管理とコンプライアンスのための実践ハンドブック』(2017年 方丈社)
  • 著書『ビジネスリーダーのためのコンプライアンス教本』(2014年 アスペクト)
  • 著書『最強の危機管理~NSCから学ぶ、時代を生き抜くトップリーダーの決断』(2013年 木楽舎)
  • 監修『現場に役立つビルの防火・防災管理50ポイント』(2013年 国際危機管理機構)
  • 著書『会社のための災害対策マニュアル作成術』(2011年 日経BP社)
  • 編著『危機管理読本』(2002年 都政新報社)
  • 共訳『新ニッポンの警察』(1991年 サイマル出版会)
  • 共訳『誘拐・ハイジャック・企業恐喝』(1988年 読売新聞出版社)
  • 共訳『経済的自由と倫理』(1982年 創元社)