金野滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

金野 滋(こんの しげる、1922年7月7日 - 2007年4月1日)は、日本ラグビー選手。引退後は日本ラグビーフットボール協会会長(1994年-2001年)、国際ラグビー評議会常任理事(1991年-2000年)などを歴任した。愛称はシギー(Shiggy)。現役時のポジションはロック同志社大学卒。

経歴[編集]

実父は元三菱銀行ロンドン支店長であったため、5歳から10歳までロンドンの小学校に通い、終生、抜群のクイーンズイングリッシュを話した。

1963年から1990年まで日本代表のほとんどすべての海外遠征の団長を務め、ラグビーワールドカップでも第1回第2回に団長として日本チームを率いるなど、日本の戦後ラグビーの国際化に大いに貢献した。1985年にはアジアにラグビーを広めた功績によりエリザベス2世から大英帝国勲章のOBE(オフィサー)を授与された。会長時代にはジャパンラグビートップリーグ創設に尽力した。

2019年、日本のラグビー界への多大な貢献を評価され、ワールドラグビー殿堂に選出された[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]