金順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金順(きんじゅん、ギンシュン、満州語:ginšūn、1831年 - 1886年)、字は和甫末の軍人。

イルゲンギョロ氏(irgen-gioro hala、伊爾根覚羅氏)、満州鑲藍旗人吉林出身で、ドロンガ(多隆阿)の部隊に属して山東省に駐屯した。湖北省での太平天国軍との戦いに功績があった。その後1863年から回民蜂起の鎮圧にあたった。

1875年に都統となって、翌年に阜康に駐屯した。軍機大臣左宗棠の命を受けて劉錦棠とともに、ヤクブ・ベクの乱鎮圧にあたった。ウルムチサンジ・シャヒリクトゥビを陥落させ、マナスに迫り、その功でイリ将軍に任命された。1881年イリ地方を接収し、ロシアとの国境を画定させた。その後北京に呼び戻され、帰途粛州で病死した。死後、太子太保の位と忠介の諡号が贈られた。

先代:
福済(フジ)
ウリヤスタイ将軍
1871-1872
次代:
長順(チャンシュン)
先代:
景廉(ギンリャン)
ウルムチ都統
1875-1876
次代:
英翰(インハン)
先代:
春福(チュンフ)
イリ将軍
1876-1885
次代:
シルン(錫綸)