金香蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
女子 柔道
アジア大会
1990 北京 61kg級

金 香蘭(きん こうらん、1972年12月6日- )は中国柔道選手。階級は61kg級。身長161cm[1][2]

人物[編集]

1990年のブルガリア国際61kg級では準決勝で世界選手権3位の小林貴子出足払で破るなどして優勝した。続いて、地元の北京で開催されたアジア大会決勝でも小林と対戦した。小林が大内刈で有効を先取するも、その後に小林の大外刈を金が谷落で切り返して効果を取った際に、小林が右肘を負傷して試合を続行できず棄権勝で優勝した[2][3]。1992年のバルセロナオリンピックには56kg級で出場するも、2回戦でスウェーデンのウルスラ・マイレンに判定で敗れた[1]

主な戦績[編集]

(出典[2])。

脚注[編集]

  1. ^ a b Biography and Olympic Results
  2. ^ a b c Judo results
  3. ^ 「特集 第11回アジア大会柔道競技」近代柔道 ベースボールマガジン社、1990年11月号 16頁