金點坤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金點坤
김점곤
生誕 1923年4月15日
大日本帝国の旗 朝鮮(日本統治時代)全羅南道光州
死没 (2014-09-28) 2014年9月28日(91歳没)
大韓民国の旗 大韓民国
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 少尉(日本陸軍)
少将(韓国陸軍)
墓所 国立大田顕忠院
テンプレートを表示

金 點坤(キム・チョムコン、김점곤)は大韓民国軍人教授。軍人時代は白善燁の下で活躍した。太極武功勲章授与者。

人物[編集]

1923年、全羅南道光州楊林里に生まれる。光州師範学校付属国民学校卒業。光州師範学校尋常科入学。1年修了後、高卒資格試験に合格し、第一早稲田高等学院に留学[1]。卒業後、早稲田大学文学部に進学[1]幹部候補生として中国に行き、北京で1年半ほど特殊教育を受けた後、少尉となり、唐山市付近で小隊長を務めた[1]

終戦後に帰国。1946年2月、京城大学に入学するが、修学途中で警備士官学校第1期に入校。卒業後、任少尉(軍番10115番)[2]。任官と同時に統衛部(国防部の前身)部長補佐官に登用され、軍内部の思想問題[† 1]と軍と警察間の問題[† 2]解決に努力した。

1947年2月、特命によって38度線警備隊長に任じられ、韓国軍として初めての38度線警備を担当した。

1948年7月、陸軍本部情報局作戦情報課長。当時、情報局長であった白善燁大佐と知り合い、麗水・順天事件に当たって、その片腕となり鎮圧に努めた。

1949年7月、白大佐が第5師団長に栄転すると、隷下の第20連隊(朴基丙中佐)副連隊長。

1950年6月10日、陸軍本部情報局次長。当時は参謀学校に在校しており、6月25日に朝鮮戦争が勃発すると急いで赴任した。しかし当時、第1師団長であった白善燁大佐が第12連隊長に金點坤を要請[† 3]したので戦場に着任し、壊乱した連隊を再建しながら健闘した。後に8月の多富洞の戦いにおける遊鶴山の防御、9月の攻勢転移時における間隙突破、平壌進攻時の歩戦共同部隊指揮官として突進や東平壌1番乗り、粛川・順川の戦い中国人民志願軍介入時の雲山の戦い、クリスマス攻勢時の泰川攻撃等で活躍した。

1951年4月の戦闘で負傷して、6か月間、釜山の陸軍病院に入院した。同年11月に白野戦戦闘司令部(白善燁少将)が創設されるとその参謀長に任じられ、智異山一帯の南部軍の掃討に貢献した。

1952年4月、第2軍団が再建され、白善燁中将が軍団長に就任すると同参謀副長、のちに同参謀長、任准将。 同年、第9師団長

1953年1月、人事局長。6月、第6師団長

1954年3月、第1野戦軍(初代司令官、白善燁大将)が創設されると参謀副長に任じられる。同年6月、同参謀長。

1955年1月、任少将。

1956年3月、歩兵学校校長。

1957年7月、陸軍本部情報参謀副長。

1959年3月、連合参謀本部長。同年7月、憲兵副司令官。

1960年、連合参謀本部長。

1961年9月、軍事停戦委員会韓国軍代表。同年10月、国防部次官補。

1962年、陸軍本部人事参謀副長。

1962年3月に予備役編入後は東国大学校史学科・慶熙大学校大学院政治学科・成均館大学校史学科を卒業。慶熙大学校政経大学教授、及び金點坤安保・国際問題研究所所長。法学博士。施策評価教授。韓国国際政治学会副会長。

1995年、陸軍士官学校総同窓会会長。1997年、陸軍士官学校総同窓会名誉会長。1999年、陸軍士官学校総同窓会顧問。

勲章[編集]

著作[編集]

  • 『韓国動乱』光明出版社、1973年
  • 『韓国戦争と労働党戦略』博英社、1973年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 軍に浸透していた共産分子が隊員を勧誘し組織を強化していた。
  2. ^ 警察と軍が不仲であったので、たびたび衝突事件を起こしていた。
  3. ^ 当時、連隊長であった全盛鎬大佐が事故で重傷を負ったため。

出典[編集]

  1. ^ a b c “[나와 8·15]<3>김점곤 평화연구원장·前국방부 차관보” (韓国語). dongA.com. (2010年8月12日). http://news.donga.com/3/all/20100812/30456199/1 2015年12月2日閲覧。 
  2. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、97頁。
  3. ^ Chum Kon Kim”. Military Times. 2015年10月7日閲覧。
  4. ^ 金點坤准將等에 美銅星勳章授與” (韓国語). 国史編纂委員会. 2015年10月7日閲覧。
  5. ^ Kim Chum Kon”. Military Times. 2015年10月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房1976年