金龍寺 (石狩市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金龍寺
金龍寺
所在地 北海道石狩市新町4
位置 北緯43度14分55.2秒
東経141度21分23.3秒
座標: 北緯43度14分55.2秒 東経141度21分23.3秒
山号 宝珠山
宗旨 日蓮宗
本尊 十戒未曾有大曼荼羅
創建年 1857年安政4年)
地図
金龍寺 (石狩市)の位置(北海道内)
金龍寺 (石狩市)
テンプレートを表示
手水鉢

金龍寺(きんりゅうじ)は北海道石狩市新町4にある日蓮宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。

1857年安政4年)創建[1]荒井金助の弟である栄太郎が、井上氏を継いだものの早世して断絶してしまったため、その菩提を弔うため建立された[1]

達磨なる人物から龍の夢を見たと語って聞かされた、京都の公家の3男である外山貞妙が、荒井金助の「金」と「龍」を組み合わせて寺名としたもので、当初は「金龍庵」と称した[1]

境内の手水鉢は石狩弁天社の旧蔵品で、石狩市内最古の石造品である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 碑 1988, p. 27.
  2. ^ 碑 1987, p. 17.

参考文献[編集]

  • 『石狩の碑(第1輯) 石碑等にみる石狩町の歩み』 石狩町郷土研究会〈いしかり郷土シリーズ〉、1987年2月28日
  • 『石狩の碑(第2輯) 石碑等にみる石狩町の歩み』 石狩町郷土研究会〈いしかり郷土シリーズ〉、1988年3月20日