釜山交通公団1000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
釜山交通公団1000系電車
初代1000系電車
初代1000系電車
基本情報
製造所 現代精工、韓国造船公社
主要諸元
編成 8両
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 80 km/h
設計最高速度 90 km/h
起動加速度 3.6 km/h/s
減速度(常用) 3.6 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 124人
車両定員 113人
車両重量 Tc:24.5t
M1:35.2t
M2:33.5t
T':25.7t
全長 17500 mm
全幅 2750 mm
全高 3670 mm
台車 日本車輌製造ND317
主電動機 直流直巻電動機[注釈 3]
(未更新車)
かご形三相誘導電動機
(更新車)
主電動機出力 165kW(未更新車)
210kW(更新車)
駆動方式 WNドライブ
歯車比 15:86(5.73)
編成出力 3,960kW(未更新車)
5,040kW(更新車)
制御装置 電機子チョッパ制御[注釈 1]
(未更新車)
IGBT素子VVVFインバータ制御[注釈 2]
(更新車)
保安装置 ATCATO
テンプレートを表示

釜山交通公団1000系電車(プサンこうつうこうだん1000けいでんしゃ)は、釜山交通公団の通勤形電車である。2006年1月1日の同公団廃止に伴い、釜山交通公社に継承された。1号線用の車両である。

東莱駅に停車中の1000系電車

概要[編集]

1984年から1997年にかけて製造。韓国の地下鉄では唯一の全長18m級3ドア車である[注釈 4]。車体は日本車輌製造で設計されたオールステンレス鋼製で、初期車の空気バネ台車も日本車輌製造が供給した。初期車の6両編成31本分の主電動機電機子チョッパ制御装置、静止形インバータ装置は日本の三菱電機製である。ドイツのクノールブレムゼ製のPWMアナログ電気指令式ブレーキを採用している。主幹制御器はT型ワンハンドルである。

45編成のうち9編成は電機子チョッパ制御からVVVFインバータ制御に交換されている。

車両組成[編集]

6M2Tの8両編成で、初代1000系は1-45の45編成ある。

老圃
  ◇◇   ◇◇   ◇◇    
10XY 11XY 12XY 13XY 14XY 17XY 18XY 19XY
Tc1 M1 M2 M1 M2 M1 M2 Tc2
※XYは編成番号

4M4Tの8両編成で、2代目1000系は46-51の6編成ある。

老圃
  ◇◇   ◇◇   ◇◇    
10XY 11XY 12XY 13XY 14XY 17XY 18XY 19XY
Tc1 M1 M2 T T M1 M2 Tc2
※XYは編成番号

2代目1000系電車[編集]

2代目1000系電車(2019年4月)
車内。ドア間が10人から9人掛けになっている。(女性配慮車車内。)

延伸区間用[編集]

1号線の多大浦延伸(7.98km)が決定したことに伴い既存車54両の中間電動車のVVVF化改造とともに、現代ロテム製の新型車両が6編成48両増備されることになった[1]。 2015年に2編成が[2]、翌2016年に4編成が落成し、8月に国土交通部より型式証明を取得。12月1日に2編成が営業運転に投入されたが[3][4]、ドア駆動装置の故障でリコール、全面交換されることになった[5]

編成番号は初代から連番の46-51が付与されている。構成は初代とほぼ共通だが初代にあったビードがなくなっているほか、着席定員の減少、MT比は4M4Tに、室内灯にLEDを用いるなど、同形式ながら仕様がかなり変わっている。

老朽車代替用[編集]

1号線の開業時から使用されている5編成40両の新型車両への代替が決定し、現代ロテムが受注した[6]2018年7月12日より全5編成が営業運転に投入された[7]。編成番号は初代のものを受け継いでいる。

主電動機には永久磁石同期電動機(PMSM)を採用しており[8][9]、韓国の鉄道車両においてPMSMを搭載するのは本車両が初となった[8][9]。PMSMを採用した主回路システムの採用により、従来のシステムに対し30%以上の消費電力量削減が見込まれている[8][9][注釈 5]

2018年9月11日、現代ロテムが旧型車置換え用の2次車となる6編成48両を556億ウォンで追加受注、2020年投入を予定している[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 三菱電機製THR-1L-2A。フロン沸騰冷却式
  2. ^ 三菱電機からの技術供与による現代ロテム
  3. ^ 三菱電機MB-3288-A。端子電圧750V、定格電流245A、定格回転数1700rpm
  4. ^ 釜山交通公社では2号線3号線でも全長18m級の車両を使用しているが、いずれの路線も4ドア車となっている。
  5. ^ 従来のシステムとは、同じく1号線用の車両である初代1000系に採用されている直巻整流子電動機電機子チョッパ制御を用いた主回路システムか、または2代目1000系初期車に採用されているかご形三相誘導電動機VVVFインバータ制御を用いた主回路システムのどちらかを差していると思われるが、どちらの出典の記事においても明確に判る内容にはなっていない。

出典[編集]

  1. ^ (朝鮮語)현대로템, 부산지하철 1호선 전동차 납품2013.11.15 ChosunBiz
  2. ^ (朝鮮語)부산도시철도 1호선에 투입될 신형 전동차2015.11.19 中央日報
  3. ^ (朝鮮語)1호선 신조 전동차 기존구간 운행 개시2016年12月2日 釜山交通公社プレスリリース
  4. ^ (朝鮮語)부산교통공사, 1호선 신조 전동차 기존구간 운행 개시2016.12.01 ajnews
  5. ^ (朝鮮語)부산지하철 신형 전동차 출입문 구동장치 '전면 리콜'2017.03.22 フォーカスニュース
  6. ^ (朝鮮語)현대로템 부산1호선 전동차 40량 수주…528억원 규모2016.03.11 聯合ニュース
  7. ^ (朝鮮語)부산도시철도 1호선에 스마트전동차…방송음량·냉방 자동조절 2018-07-12 京郷新聞
  8. ^ a b c (日本語) 韓国で永久磁石同期電動機を採用した車両が運行開始 -30%以上の消費電力量を削減- 東芝インフラシステムズ ニュース&トピックス(2018年7月31日) 2018年8月1日閲覧
  9. ^ a b c (日本語) 韓国で永久磁石同期電動機を採用した車両の運転開始 交友社鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース(2018年8月1日) 2018年8月1日閲覧
  10. ^ (朝鮮語)현대로템, 556억원에 부산도시철도 1호선 전동차 48량 수주 2018年9月11日 朝鮮日報

関連項目[編集]