釜山駅KTX列車衝突事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
釜山駅KTX列車衝突事故
発生日 2007年11月3日
発生時刻 午前6時25分
大韓民国の旗 大韓民国
場所 釜山駅構内
路線 京釜線
運行者 韓国鉄道公社
事故種類 列車衝突事故
原因 運転士の過失
統計
列車数 2本
乗客数 190人
死者 0人
テンプレートを表示
釜山駅KTX列車衝突事故
各種表記
ハングル 부산역 KTX 열차 충돌 사고
漢字 釜山驛KTX列車衝突事故
発音 プサンニョク ケイティエクス ヨルチャ チュンドル サゴ

釜山駅KTX列車衝突事故(プサンえきKTXれっしゃしょうとつじこ、朝鮮語: 부산역 KTX 열차 충돌사고)とは2007年11月3日京釜線釜山駅でKTX(韓国高速鉄道)の列車同士が衝突した事故である。

事故の概要[編集]

2007年11月3日6時29分頃、釜山駅9番線でソウル駅行きKTX110列車(100000系第25編成、乗客190名)が出発を待機していた。

一方、112列車(100000系第38編成、回送列車)は釜山駅発ソウル駅行き旅客列車として運行するため定刻より18分早い6時7分に釜山鉄道車両整備団を出発した。6時29分頃、112列車は釜山駅の場内信号機が停止信号を現示していることを見落として進入し、9番線から出発待機中の110列車を約40m手前 (30km/h) で発見し非常ブレーキをかけたが、停車できず正面衝突、両列車の先頭車(動力車)前部が破損した。

原因としては、112列車の運転士の不注意、もしくは居眠り運転の可能性が指摘された。なお事故車は両編成とも後に復旧し、運用に復帰している。

参考文献[編集]

脚注[編集]