釧路中標津道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道272号標識

釧路中標津道路(くしろなかしべつどうろ)は、北海道釧路市標津郡標津町を結ぶ延長約100 kmの地域高規格道路国道272号)の路線名である。1994年12月16日計画路線に指定された。

線形不良、通行止めの頻発の為の災害対策や、冬期間の視程障害など交通の安全性を確保するために整備される。

このうち上別保道路と春別道路が供用中であり、阿歴内道路が事業中となっている。

完成後は道東自動車道根室線、根室中標津道路道東縦貫道路(候補路線)、釧路外環状道路などと接続する予定。これらと一体となって道東圏の連携、交流を促進する目的で整備が進められている。

構成される道路[編集]

上別保道路[編集]

概要[編集]

歴史[編集]

阿歴内道路[編集]

概要[編集]

  • 起点:北海道川上郡標茶町東阿歴内
  • 終点:北海道川上郡標茶町北片無去
  • 延長:5.4 km
  • 規格:第3種第2級
  • 設計速度:60 km/h
  • 車線:2車線

歴史[編集]

  • 1994年度(平成6年度) : 計画路線指定
  • 1999年度(平成11年度) : 整備区間指定
  • 2000年度(平成12年度) : 着工準備
  • 2005年度(平成17年度) : 事業化
  • 2008年(平成20年)11月17日 : 川上郡標茶町阿歴内原野 - 川上郡標茶町塘路開通

春別道路[編集]

概要[編集]

  • 起点:北海道野付郡別海町西春別
  • 終点:北海道野付郡別海町上春別
  • 延長:13.1 km
  • 規格:第3種第1級
  • 設計速度:80 km/h
  • 車線:暫定二車線

歴史[編集]

  • 1997年度(平成9年度):着工
  • 2002年度(平成14年度):国道243号と立体交差する西春別ICを含む6.5 kmの区間が供用
  • 2005年度(平成17年度):全線供用

経由する市町村[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]