釧路孝仁会記念病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 釧路孝仁会記念病院
情報
正式名称 社会医療法人孝仁会 釧路孝仁会記念病院
英語名称 Kushiro Kojinkai Memorial Hospital
標榜診療科 脳神経外科、心臓血管外科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、整形外科、泌尿器科、呼吸器内科、外科、内科、神経内科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科
許可病床数 232床
機能評価 一般病院2(200〜499床)(主たる機能):3rdG:Ver.1.0〜[1]
開設者 社会医療法人孝仁会
管理者 齋藤孝次(理事長)
病院事業管理者 稲垣徹(院長)
開設年月日 2007年12月1日
所在地
085-0062
位置 北緯43度01分43秒 東経144度23分56秒 / 北緯43.02861度 東経144.39889度 / 43.02861; 144.39889 (釧路孝仁会記念病院)座標: 北緯43度01分43秒 東経144度23分56秒 / 北緯43.02861度 東経144.39889度 / 43.02861; 144.39889 (釧路孝仁会記念病院)
二次医療圏 釧路
PJ 医療機関
テンプレートを表示

釧路孝仁会記念病院(くしろこうじんかいきねんびょういん)は、北海道釧路市にある病院。孝仁会グループの基幹病院。道東ドクターヘリの基幹連携病院になっており、地上ヘリポート、ヘリ格納庫、給油施設を設置している(市立釧路総合病院が基地病院)。釧路孝仁会看護専門学校と渡り廊下で接続している。

沿革[編集]

釧路孝仁会記念病院は、釧路脳神経外科病院、星が浦病院、新くしろ病院の脳神経外科、心臓血管外科、消化器外科などを集約することにより、高度な急性期医療の提供を目的とするために開設した。

  • 1989年(平成元年):「釧路脳神経外科病院」開設[2]
  • 1996年(平成8年):「星が浦病院」開設[2]
  • 2002年(平成14年):星が浦病院心臓血管外科病棟開設[2]
  • 2004年(平成16年):「新くしろ病院」開設。
  • 2007年(平成19年):「釧路孝仁会記念病院」開設[2]。釧路脳神経外科病院が「釧路脳神経外科」、新くしろ病院が「新くしろクリニック」に改変[2]
  • 2009年(平成21年):孝仁会が社会医療法人に組織変更[2]。道東ドクターヘリ運航開始[2]
  • 2013年(平成25年):隣接地に釧路孝仁会看護専門学校開校[2]

機関指定[編集]

診療科等[編集]

診療科

センター

  • 高度健診センター
  • PETセンター
  • 透析センター

部門

  • 看護部
  • 診療放射線部
  • 臨床検査部
  • 臨床工学部
  • リハビリテーション部
  • 薬剤部
  • 事務部
  • 法人本部
  • 医療相談室
  • 地域連携室
  • 再生医療室
  • 特定認定再生医療等委員会

施設認定[編集]

アクセス・駐車場[編集]

釧路外環状道路釧路中央IC(西側)に隣接している[3]

関連施設[編集]

  • 星が浦病院
  • 釧路脳神経外科
  • 新くしろクリニック
  • 中標津脳神経外科
  • 知床らうす国民健康保険診療所(指定管理者
  • 留萌セントラルクリニック

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社会医療法人孝仁会 釧路孝仁会記念病院”. 日本医療機能評価機構. 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 法人概要・沿革”. 社会医療法人 孝仁会. 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ 釧路中央インターチェンジ (PDF)”. 釧路市. 2017年1月19日閲覧。