鈴奈沙也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴奈 沙也(すずな さや、3月15日[1] - )は、日本の声楽家。元宝塚歌劇団専科の女役。元宙組副組長

兵庫県西宮市[1]武庫川学院出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「あゆみ」[1]

来歴[編集]

人物[編集]

母は宝塚歌劇団卒業生の歌園いすゞ、元月組娘役の鈴奈美央は双子の姉であり同期生でもある[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 1990年3月~5月、花組『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

星組時代[編集]

  • 1991年11月、『紫禁城の落日
  • 1993年6月、『うたかたの恋/パパラギ -極彩色のアリア-』新人公演:ラシッリュ夫人(本役:松原碧)
  • 1994年10月、『Shion -愛の祈り-』(バウ・東京特別)スズリーヌ
  • 1995年3月、『国境のない地図』新人公演:メリー・キャンベル(本役:葉山三千子
  • 1995年9月、『剣と恋と虹と/ジュビレーション!』新人公演:ルイーズ(本役:出雲綾
  • 1996年1月、『黄色いハンカチ』(バウ)ナタリー
  • 1996年11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』マダム・ヴォルフ、新人公演:スターレイ夫人(本役:万里柚美

宙組時代[編集]

  • 1998年1月、『夢幻宝寿頌/This is TAKARAZUKA!』(香港)
  • 1998年6月、『嵐が丘』(東京特別・名古屋特別)ジェーン
  • 1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』マダム・ヴォルフ
  • 1999年4月、『エクスカリバー -美しき騎士たち-/シトラスの風』(全国ツアー)アンナ
  • 2000年6月、『うたかたの恋/GLORIOUS!!』(全国ツアー)ヴェッツェラ夫人
  • 2000年9月、紫吹淳コンサート『ALL ABOUT RIKA』(ル・テアトル銀座)
  • 2001年2月、『望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!』(中日)ボロルマ
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』女官長
  • 2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-/ダンシング・スピリット!』ヘレン
  • 2002年1月、『宙組エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2002年4月、『カステル・ミラージュ/ダンシング・スピリット!』(全国ツアー)ヘレン/ルチア
  • 2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-/ザ・ショー・ストッパー』北京の民(女)歌手
  • 2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-/満天星大夜總会』マダム・ボラン
  • 2003年8月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-/ザ・ショー・ストッパー』(博多座)北京の民(女)歌手
  • 2003年10月、『白昼の稲妻/テンプテーション! -誘惑-』クロワ夫人
  • 2004年5月、『ファントム』ガブリエル(音楽教師)
  • 2004年10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ピティパット
  • 2005年1月、『ホテル ステラマリス/レビュー伝説』シャーロット・グリーン
  • 2005年5月、『ホテル ステラマリス/レビュー伝説』(全国ツアー)シャーロット・グリーン
  • 2005年8月、『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』ニーラー
  • 2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(バウ)ジョベール夫人
  • 2006年3月、『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』ベティ/サラ
  • 2006年8月、『コパカパーナ』(博多座)ミセス・ブリル
  • 2006年11月、『維新回天・竜馬伝! -硬派・坂本竜馬III-/ザ・クラシック」公家の男
  • 2007年3月、『A/L -怪盗ルパンの青春-』(ドラマシティ・東京特別・名古屋特別)伯爵夫人
  • 2007年6月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』バルバラ
  • 2007年7月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』(全国ツアー)バルバラ
  • 2008年2月、『黎明の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-/Passion 愛の旅』里村キク
  • 2008年7月、『雨に唄えば』(梅田芸術劇場)トラ・ベイリー
  • 2008年9月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』エヴァ・グレイ
  • 2009年2月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-/ダンシング・フォー・ユー』(中日)シモーヌ
  • 2009年4月、『薔薇に降る雨/Amour それは…』カミーラ
  • 2009年8月、『大江山花伝 -燃えつきてこそ-/Apasionado!!Ⅱ』(博多座)伊勢式部
  • 2009年11月、『カサブランカ』コリーナ・ムラ
  • 2010年3月、『シャングリラ -水之城-』(ドラマシティ・東京特別)雲(ユン)
  • 2010年5月、『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン』マリア・カロリーナ妃
  • 2010年8月、第16回イゾラベッラ・サロンコンサート 鈴奈沙也アットホームサロンコンサート
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』サラ
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(東京特別・バウ)アデレイド・ニールスン 
  • 2011年10月、『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-/NICE GUY!! -その男、Yによる法則-』エマ・ヒューストン
  • 2012年2月、『仮面のロマネスク/Apasionado!!Ⅱ』(中日劇場)テチェンヌ夫人
  • 2012年4月、『華やかなりし日々/クライマックス -Cry-Max-』ヘディ・ミラー 
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』アマーリエ
  • 2013年1月、『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』(ドラマシティ・東京特別)ウェンディー・オールドバッグ
  • 2013年3月、『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!! -99年の愛-』オービーヌ
  • 2013年7月、『うたかたの恋/Amour de 99!! -99年の愛-』(全国ツアー)ジェシカ
  • 2013年9月、『風と共に去りぬ』ミード夫人
  • 2014年2月、『翼ある人びと -ブラームスクララ・シューマン-』(ドラマシティ・東京特別)ベルタ 
  • 2014年5月、『ベルサイユのばら - オスカル編 -』ジャルジェ夫人

専科時代[編集]

  • 2016年7月、第31回『イゾラベッラ サロンコンサート』 *退団公演

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、12頁。ISBN 978-4-908135-67-5。
  2. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 102.
  3. ^ 『母娘・姉妹ジェンヌ一覧/宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、125頁。ISBN 978-4-908135-67-5。