鈴季すず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴季 すず
Suzu Suzuki
プロフィール
リングネーム 鈴季すず
身長 153cm
体重 52kg
誕生日 (2002-09-16) 2002年9月16日(16歳)
出身地 宮崎県
所属 アイスリボン
デビュー 2018年12月31日
朝陽
テンプレートを表示

鈴季 すず2002年9月16日 - )は、日本の女子プロレスラー。身長153cm、体重52kg。アイスリボン所属。宮崎県出身。

所属[編集]

  • アイスリボン(2018年〜)

来歴・戦歴[編集]

中学生時代から夏期休暇などでの短期合宿を行い、中学を卒業後上京し2018年4月よりアイスリボンに入門、入寮。

2018年
  • 6月16日、大阪府立体育館第二競技場大会にてトトロさつきとのでシングルで初エキシビジョンマッチ(0-0)。
  • 7月8日、後楽園ホール大会のオープニングにて、8月26日の横浜文化体育館大会でのデビューが発表される。
  • 同日夕方、帰宅途中に交通事故(自転車で走行中に前輪にモノが挟まって放り出される自損事故)で左鎖骨骨幹部骨折、約3ヶ月間の安静を要すると診断された。その為8月26日のデビュー戦は見送りとなり、宮崎の実家に帰省し暫くの間静養となる[1]
  • 10月28日、両国KFCホール大会にて、世羅りさとの電流爆破デスマッチを拒む藤本つかさに、デスマッチをする世羅に惹かれてアイスリボンに入団した旨を独白。藤本が電流爆破デスマッチに挑むきっかけとなった。
  • 12月2日、千葉ブルーフィールドにて行われた「超花火×アイスリボン 百尺竿頭」大会にて星ハム子とエキシビジョンマッチ(0-0)。
  • 12月8日、アイスリボン道場マッチにてジュリアとエキシビジョンマッチ(0-0)。
  • 12月9日、両国KFCホール大会にて朝陽とエキシビジョンマッチ(0-0)。試合後も両者収まらず、デビュー戦は朝陽とのシングルマッチと決定。
  • 12月15日、アイスリボン道場マッチにてつくしエキシビジョンマッチ(1-0)。自身のエキシで初めて一本を取られる。
  • 12月29日、アイスリボン道場マッチにてリングネームが鈴季すずとなる事を発表。松本都が語呂の良さから「すずき」と名付け、藤本つかさが漢字を充てた。
  • 12月31日、後楽園ホール大会にて朝陽とのシングルマッチにてデビュー、1年以上先輩の朝陽からジャーマンスープレックスでデビュー戦を勝利で飾る。
2019年
  • 2019年9月4日、東京・浅草花劇場で行われたコマンドボリショイプロデュース興行 『Pure Princess 2』にて観客投票により第23代POP王者となる[2]

人物[編集]

  • 趣味は歌、ギター、メイク。特技はバトントワリング、ヘアメイク[3]
  • 自転車での転倒による骨折でデビューが延期となったが、デビュー戦では自転車に乗って入場、入場コールの際も自転車のポーズ、串刺しタックルの際も「チリンチリン!」と叫んで突っ込む[4]など、自身のパフォーマンスとしてポジティブに昇華している。

得意技[編集]

  • ジャーマン・スープレックス
  • カニカニクリップ
  • ジャックナイフ式エビ固め
  • チリンチリン串刺しアタック

入場曲[編集]

  • 爽涼鼓舞/Disney

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]