鈴木富子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき とみこ
鈴木 富子
プロフィール
本名 鈴木 富子[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛知県[2]
生年月日 (1956-01-03) 1956年1月3日
没年月日 (2003-07-07) 2003年7月7日(47歳没)
血液型 O型[3]
職業 声優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終)[2]
公称サイズ([4]時点)
身長 / 体重 150 cm / 43 kg
活動
活動期間 1975年 - 2003年
デビュー作 黙念(『一休さん』)
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 富子(すずき とみこ、1956年1月3日 - 2003年7月7日[2][5])は、日本女性声優ナレーターである。愛知県出身。青二プロダクションに所属していた[2]

人物[編集]

東映オーディオタレントスクール卒業[2]1975年、『一休さん』の黙念役でデビュー。主に少年・少女といった子供役を得意としていた。

趣味はハイキング[3]

2003年7月7日急性心不全のため死去[5]。47歳没。同年7月19日に公開された『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』(ジラーチ役)が遺作となった。

後任[編集]

鈴木の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

時期不明
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
  • 忍たま乱太郎(1993年 - 2003年、山村喜三太〈初代〉、そうこ〈初代〉、二郭伊助〈代役〉、奥さん、忍たま、事務員のおばちゃん〈初代〉、老婆、川西左近〈代役〉)
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年

劇場アニメ[編集]

1980年
1981年
1982年
1984年
1985年
1986年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
2003年

OVA[編集]

1986年
1988年
1990年
1991年
1993年
1996年
  • ふたりの王子さま(カミラ)
1998年

ゲーム[編集]

1994年
1998年
2000年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、435頁。ISBN 4-87376-160-3。
  2. ^ a b c d e 鈴木 富子”. 青二プロダクション. 2020年1月16日閲覧。
  3. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、87頁。
  4. ^ 『日本タレント名鑑(2002年版)』VIPタイムズ社、2002年4月30日、691頁。ISBN 978-4-9901242-0-5。
  5. ^ a b 訃報”. 青二プロダクション  (2003年7月10日). 2003年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月1日閲覧。
  6. ^ 鈴木の存命中も青年期のデンデを演じていた。
  7. ^ 鈴木富美子と表記。
  8. ^ 北斗の拳”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  9. ^ がんばれ!キッカーズ”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月22日閲覧。
  10. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  11. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。