鈴木敏通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 敏通
生誕 1923年7月5日
日本の旗 日本 福井県 大野市
死没 (2008-03-15) 2008年3月15日(84歳没)
日本の旗 日本 東京都 世田谷区
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1944 - 1945(日本陸軍)
1951 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1981(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―中尉.svg 陸軍中尉(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

鈴木 敏通(すずき としみち、1923年大正12年)7月5日 - 2008年平成20年)3月15日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官陸軍士官学校本科修了(第57期)。第16代陸上幕僚長

人物[編集]

中学2年から仙台陸軍幼年学校に入校し陸軍士官学校へ進む[1]。旧軍では歩兵満州勤務の後、終戦直前は高知で陣地作りに従事した[1]。復員し福井に帰郷後は福井工専で電気を学び、エンジニアとして川崎の自動車会社に就職したが、1951年(昭和26年)、旧軍人組採用と同時に警察予備隊1等警察士で入隊[1]。以後、職種は通信科へ進むが、北部方面通信群長の他は、防衛や人事畑が主だった[1]

第13師団長、中部方面総監等を歴任し、第16代陸上幕僚長に就任。宮永スパイ事件で引責辞任した永野茂門前陸幕長の後任には、飯山茂東部方面総監が候補の一人であった。しかし飯山茂の陸幕二部長時代の部下が、宮永に機密を漏洩した人物であることから、同期の鈴木敏通が就任したといわれる。通信科出身であり永野前陸幕長の意向が働いた人事ともいわれる。人格者であり今軍神との評判もあった。

略歴[編集]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1993年(平成5年)11月3日

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 朝雲新聞(1980年2月28日)「この人と10分間」
  2. ^ 『官報』号外第189号(平成5年11月4日)
  3. ^ 『官報』本紙第4814号(平成20年4月22日)

参考資料[編集]

  • 『官報』1955年10月19日 本紙 8641 叙任及辞令
  • 『官報』1967年03月18日 本紙 12076 人事異動
  • 『官報』1969年03月18日 本紙 12675 人事異動
  • 『官報』1969年07月18日 本紙 12776 人事異動
  • 『官報』1972年03月17日 本紙 13569 人事異動
  • 『官報』1973年03月19日 本紙 13868 人事異動
  • 『官報』1973年07月04日 本紙 13956 人事異動
  • 『官報』1975年03月19日 本紙 14462 人事異動
  • 『官報』1976年07月02日 本紙 14845 人事異動
  • 『官報』1977年10月21日 本紙 15234 人事異動
  • 『官報』1979年03月17日 本紙 15648 人事異動
  • 『官報』1980年02月13日 本紙 15917 人事異動
  • 『官報』1981年06月02日 本紙 16303 人事異動
先代:
永野茂門
陸上幕僚長
第16代:1980年 - 1981年
次代:
村井澄夫
先代:
登弘美
中部方面総監
第9代:1979年 - 1980年
次代:
村井澄夫