鈴木正雄 (松坂屋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 正雄(すずき まさお、1918年8月29日 - 2007年12月10日)は、日本の企業経営者。松坂屋元・社長、元・会長。

経歴[編集]

松坂屋お家騒動[編集]

  • 松坂屋創業以来370年余りの歴史の中で起こりえなかった、創業家の伊藤洋太郎(17代伊藤次郎左衞門)社長が代表権のない会長に棚上げされる人事が電撃的に決まり、鈴木は「私は工作などしていない。皆に推された」と本人は否定したが、腹心の役員らと連携し自らが実権を握る事実上のクーデターであり、松坂屋のお家騒動として全国的に注目された[3][4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『中日新聞』 2007年12月12日、朝刊、12版、27頁
  2. ^ “鈴木正雄氏死去 元松坂屋社長”. 共同通信. (2007年12月12日). http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007121201000212.html 2014年11月14日閲覧。 
  3. ^ 「元松坂屋社長」『四国新聞社』2007年12月12日号[1]
  4. ^ 「創業家を棚上げした剛腕」総合情報誌『ザ・ファクタ』2008年2月号[2]
  5. ^ 「松坂屋元社長、創業家排除」『四国新聞社』2007年12月12日号[3]

関連項目[編集]