鈴木省吾 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 省吾(すずき せいご、1911年8月7日 - 1999年10月4日)は、日本政治家、元自由民主党参議院議員

来歴・人物[編集]

福島県岩瀬郡鏡石町出身。旧制白河中学、1933年、東京帝国大学農学部卒業[1]福島県議会議員を経て、1968年第8回参議院議員通常選挙福島県選挙区から自民党公認で出馬し初当選。以後、連続当選5回。

党内では清和会福田赳夫安倍晋太郎三塚博派)に所属し、参議院農林水産委員長を歴任。1985年12月から1986年7月まで第2次中曽根内閣法務大臣を務めた。1995年勲一等旭日大綬章受章。

1998年、当時いわき市長だった岩城光英に地盤を譲り政界を引退。翌1999年10月4日死去。享年88。

出典[編集]

  1. ^ 明治~昭和, 新訂 政治家人名事典. “鈴木 省吾(スズキ セイゴ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年2月23日閲覧。
名誉職
先代:
八百板正
最年長参議院議員
1992年7月 - 1998年7月
次代:
坂野重信