鈴木祐美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 祐美子(すずき ゆみこ、8月2日 - )は、日本漫画家千葉県千葉市出身。女性。三姉妹の長女[1]

時にインターネット上で「鈴木裕美子」と表記されることがあるが、下記の作品の全てが「鈴木祐美子」で発表されている。

1986年に「ねこマタネコ」にて『週刊ヤングジャンプ』(集英社)からデビュー。

連載は『うめモモさくら』『ちょっとごめんネコ』『あなたのそばへ・・・』の3作品のみ。いずれも『週刊ヤングジャンプ』に連載された。 「その後の…ちょっとごめんネコ」は3編のみ。『週刊ヤングジャンプ』に不定期掲載され、「ちょっとごめんネコ」に収載された。

『うめモモさくら』連載後期より右肘がしびれ始め[2]1992年『ちょっとごめんネコ』連載時病気にて入院した。その後、右手が使えなくなっており、リハビリをして左手で絵を描くようにして復帰している。

その後引退した。

略歴[編集]

  • 1986年 - 『ねこマタネコ』によりデビュー。
  • 1990年 - 『うめモモさくら』の連載が『週刊ヤングジャンプ』(集英社)より開始。
  • 1992年 - 『ちょっとごめんネコ』の連載が『週刊ヤングジャンプ』(集英社)より開始。
  • 1994年 - 『あなたのそばへ・・・』の連載が『週刊ヤングジャンプ』(集英社)より開始。

主な作品[編集]

  • ねこマタネコ(1986年、週刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 夏の扉(1987年、増刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 卒業(1987年、増刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 約束(1988年、週刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 不思議のKINちゃん(1988年、増刊ヤングジャンプ、集英社)
  • リインカーネーション(1988年、増刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 雪がやむまで そばにいて(1989年、週刊ヤングジャンプ、集英社)
  • うめモモさくら(1990年 - 1992年、週刊ヤングジャンプ、集英社)全10巻
  • ちょっとごめんネコ(1992年、週刊ヤングジャンプ、集英社)全3巻
  • 3月の猫(1992年、ベアーズクラブ 春号、集英社)
  • 金曜日に会おう(1992年、ベアーズクラブ、集英社)
  • SHORT CUT(1992年、ベアーズクラブ、集英社)
  • あなたのそばへ・・・(1994年 - 1995年、週刊ヤングジャンプ、集英社)全2巻
  • その後の…ちょっとごめんネコ(1995年、1996年、週刊ヤングジャンプ、集英社)
  • 夢の音が聞こえる(1996年、漫革、集英社)
  • 水の時間(1996年、漫革、集英社)単行本未収録
  • あなたに夢を(1997年、漫革、集英社)単行本未収録

関連人物[編集]

  • 高橋幸二 アシスタントに行っていた[1]
  • 正木大喜 アシスタントをつとめていた。
  • 花小金井正幸 アシスタントをつとめていた[3]
  • 花岡貴仁 アシスタントをつとめていた。

出典[編集]

  1. ^ a b うめモモさくら4巻
  2. ^ うめモモさくら10巻
  3. ^ [1]