鈴木禎次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき ていじ
鈴木 禎次
Teiji Suzuki Japanese architect.jpg
生誕 1870年 (明治3年) 8月2日
日本の旗 日本 駿河国静岡
(現・静岡県静岡市
死没 (1941-08-12) 1941年8月12日(71歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 帝国大学工科大学造家学科
職業 建築家
所属 三井銀行→名古屋高等工業学校→鈴木建築事務所
建築物 作品を参照

鈴木 禎次(すずき ていじ、明治3年7月6日1870年8月2日) - 昭和16年(1941年8月12日)は、日本建築家静岡県静岡市出身。夏目漱石の相婿(妻同士が姉妹)。

経歴[編集]

1870年(明治3年)駿河国静岡に旧旗本で大蔵官僚の鈴木利亨の長男として生まれる。1896年(明治29年)に東京帝国大学工科大学造家学科を卒業し、翌年、三井銀行に入り建築係に勤務する。1898年(明治31年)夏目漱石の妻である夏目鏡子の妹と結婚し、1903年(明治36年)には文部省の命を受けイギリスフランスに留学。1906年(明治39年)名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)の建築科教授となり、1922年(大正11年)には退官、のちに名古屋に鈴木建築事務所を開設する。1941年(昭和16年)71歳で逝去した。鈴木が生涯で設計した建築物は80棟に及び、うち44棟が名古屋市内に集中している[1]。このことから「名古屋をつくった建築家」とも呼ばれる。

また、2009年(平成21年)光鯱会(名古屋工業大学建築学科同窓会)の創設100周年記念事業として鈴木禎次賞が創設された[2]

作品[編集]

名称 所在地 状態 備考
/鶴舞公園奏楽堂・噴水塔 1910年(明治43年) 23愛知県名古屋市昭和区
/旧中埜家住宅 1911年(明治24年) 23愛知県半田市 重要文化財
/旧岡崎銀行本店
(岡崎信用金庫資料館)
1916年(大正5年) 23愛知県岡崎市 登録有形文化財
/夏目漱石墓標 1917年(大正6年) 13東京都豊島区
/旧諸戸精太郎邸洋室 1918年(大正7年) 24三重県桑名市
/野澤屋呉服店 (横浜松坂屋) 1921年(大正10年) 14神奈川県横浜市中区 現存せず
/鈴木禎次記念碑 1923年(大正12年) 23愛知県名古屋市昭和区
/中埜銀行本店 1924年(大正13年) 23愛知県半田市 現存せず
/旧名古屋銀行一宮支店
(オリナス一宮)
1924年(大正13年) 23愛知県一宮市
/旧名古屋銀行本店
(ザ・コンダーハウス)
1926年(昭和元年) 23愛知県名古屋市東区 三菱UFJ銀行貨幣資料館
(2002年-2009年)
/松坂屋上野店 1929年(昭和4年) 13東京都台東区
/伴華楼(揚輝荘 1929年(昭和4年) 23愛知県名古屋市千種区
/旧高原ビル
(国際東船場113ビル)
1932年(昭和7年) 36徳島県徳島市 登録有形文化財
/豊田喜一郎邸 1933年(昭和8年) 23愛知県豊田市 移築
/旧松坂屋大阪店
(高島屋東別館)
1934年(昭和9年) 27大阪市浪速区
/旧日本陶器事務所
(ノリタケカンパニーリミテド事務館本館)
1938年(昭和13年) 23愛知県名古屋市西区

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特集 「鈴木 禎 次 」 (PDF)”. 名古屋都市センター. 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ 鈴木禎次賞”. 光鯱会(名古屋工業大学建築学科同窓会). 2013年12月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]