鈴木英哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鈴木英哉
生誕 (1969-11-14) 1969年11月14日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
ジャンル ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
フォークロック
J-POP
職業 ドラマー
ミュージシャン
担当楽器 ドラムス
ブルースハープ
活動期間 1988年 -
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 エンジン
特上モンブラン
共同作業者 Mr.Children
小林武史
公式サイト Mr.Children official site

鈴木 英哉(すずき ひでや、1969年11月14日 - )は、日本バンドMr.Childrenドラマーである。愛称はJEN(ジェン)[1][2]

人物[編集]

  • 愛称の「JEN(ジェン)」の由来は、鈴木が中学生だった頃、スズキの「GEMMA(ジェンマ)」というスクーターが流行っており、最初はジェンマと呼ばれていた。しかし、友人グループ内にもう1人鈴木という名字がおり、彼の方がジェンマと呼ばれるようになった。代わりに「お前は間が抜けてるから」という理由で「ジェンマ-マ=ジェン」と呼ばれるようになった[3]
  • 使用ドラムは以前はTAMA[4]だったが現在はLudwig[5][6]、シンバルは以前はZildjian[7]だったが現在はPaiste[6]
  • ライブでのドラムプレイの際(Mr.Children TOUR '99 DISCOVERYMr.Children Concert Tour Q 2000-2001Mr.Children Tour 2004 シフクノオトなど)上半身裸で演奏していた[8]。これについて本人は『プレイするときというか、精神的に邪魔なんですねぇ』と語っている[9]。また、口を大きく開けながら恍惚とした表情で演奏する事も多く、桜井からはライブのMCで「顔で歌うドラマー」と評されている[3]
  • 初めてバンドを組んだのは中学3年生の後半。同じ中学仲間と3人編成のバンド「フェアリーランド」を結成した。高校に入ってからはその実力を買われ、掛け持ちで複数のバンドのドラムを担当した[9]。因みに、中川敬輔田原健一とは同じ中学に通っていた。
  • Mr.Childrenに加入直後、ほかのメンバーが優遇していたため、スタジオ練習を遅刻したり、家から水筒を持ってきて節約している桜井から金を借りてコーヒーを買ったり(しかもロング缶ではなくショート缶)散々な事をしていた[9]
  • Mr.Childrenのムードメーカーで、話し好きなため、テレビ番組ではボーカル桜井和寿よりも喋ることがある[3]
  • アルバム『Atomic Heart』収録の「Asia(エイジア)」、『DISCOVERY』収録の「#2601」の作曲(桜井との共作)を手がけている。『Kind of Love』収録の「思春期の夏」(自身で作曲も手がける)、『Versus』収録の「逃亡者」ではボーカルも担当。その為、初期の作品では、担当:Drums&Vocalと表記されていた。
  • アルバム『Atomic Heart』収録の『雨のち晴れ』は、「鈴木が会社員だったら」がコンセプトで書かれた曲であり、当初は鈴木がボーカルを担当する予定であったが、制作中に桜井が気に入り、自らがボーカルを務めることとなった。結局、上述の2作以降はボーカルを担当することが無くなり、作品に於ける表記も担当:Drumsとなった[10]
  • 1997年4月からのMr.Childrenの活動休止中にベース担当の中川、the pillows山中さわおMY LITTLE LOVER藤井謙二と共に期間限定で「林英男(はやし ひでお)」というバンドを結成。バンド名は、メンバーがよく行く飲み屋の主人の名前に由来する。1998年2月には渋谷CLUB QUATTRO等4ヶ所でライブを行い、来場者に3曲入りのオリジナルテープを配布。
  • アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』とシングル『しるし』のカップリング曲「ひびき」の名付け親[9]
  • 2002年7月に桜井が小脳梗塞で倒れ、同年12月21日に一夜限りのライブを成功させてから、またMr.Childrenはしばらく活動を休止するが、その原因は鈴木が「休みたい」と言っていたからだとテレビなどでは語っている。しかし、実際はバンドの活動を止めてしまったことに対する責任を感じていた桜井が無理をしてしまわないように、鈴木が桜井の体調を気遣って休みをとった、ということが雑誌のインタビューで語られている[9]
  • 2007年5月5日、「Mr.Children HOME TOUR 2007」の福岡公演終了後の食事の席で誤って換気扇に左手を挟み、人差し指を4針を縫う怪我をし、5月12日、13日の札幌公演を延期する事態になった[11]WEB上での本人による謝罪コメントはなかったが、ツアー会場各地で直にファンに謝罪した[12]
  • 東日本大震災が発生した次の日からMr.Childrenは大阪城ホールでの公演があったが延期となった。その後、メンバーとスタッフのミーティング時に鈴木は「曲を作り、配信してその売り上げを義援金にあてたらどうだろう」と提案し『かぞえうた』を制作するきっかけとなった[13]
  • 2013年1月3日ウイルス性胃腸炎と診断され「[(an imitation) blood orange] Tour」福岡公演を当日ドタキャン。翌日の公演も中止となり、同月23、24日に延期された。
  • 浅香唯のファンで、THE WALLSに加入する前に浅香唯専属ドラマーのオーディションを受けたが、書類選考の段階で落ちてしまった。本人はルックスで落とされたと思っている[9]
  • 長らく普通自動車免許を持っていなかったが、2012年5月6日放送分の「Music Lovers」で、最近になって取得したことを明かした[14]
  • アルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録の『ロックンロール』に登場する「ロックスター」は鈴木がモデルである[15]
  • 身長175cm、体重64kg(デビュー時の公表数値)[16]

参加作品[編集]

発売日 曲名 アーティスト名 収録
2004年6月23日 キミドリ色の世界 スキマスイッチ アルバム『夏雲ノイズ
2005年10月26日 Smile. 湧口愛美 シングル「Smile.」
2006年7月19日 母さんインストゥルメンタル ミドリカワ書房 ミニアルバム『家族ゲーム
2006年11月22日 スーパースター 寺岡呼人 アルバム『LIVES
アイデア
BOYS & GIRLS
アイランド
born to loose ~生まれながらの負け犬~
エンドロール
2007年2月21日 母さん ミドリカワ書房 アルバム『みんなのうた2
2009年10月7日 ゼンマイ ゆず アルバム『FURUSATO
2009年11月18日 月の船 My Little Lover アルバム『そらのしるし
2010年3月24日 BIRTHDAY Salyu アルバム『MAIDEN VOYAGE
2010年10月20日 病気になる天才 寺岡呼人 アルバム『独立猿人
脳がない feat. JEN アルバム『Golden Circle
フォーエバーヤング 桜井和寿 (Mr.Children)・ゆず・寺岡呼人
2010年11月3日 永遠の謎 Chage アルバム『&C
2013年3月20日 でも、手を出すな! UKASUKA-G 配信限定シングル「でも、手を出すな!
2014年5月10日 バトン 寺岡呼人 シングル「バトン
2014年5月20日 勝利の笑みを 君と(配信Ver.) ウカスカジー 配信限定シングル「勝利の笑みを 君と
2014年6月4日 大きな大きな木の下で SHOGO アルバム『大きな愛の木の下で
2014年6月11日 でも、手を出すな! (2014 Ver.) ウカスカジー アルバム『AMIGO
勝利の笑みを 君と
2014年9月23日 流星 寺岡呼人 アルバム『Baton
BLOOD, SWEAT & LOVE
2016年8月3日 蜜蜂 アルバム『COLOR
檸檬
ブランコ
バトン feat. 桜井和寿
2018年5月23日 正しい街 theウラシマ'S[注 1] 椎名林檎トリビュート・アルバムアダムとイヴの林檎

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 亀田誠治プロデュースによるスペシャルバンドで、メンバーはほかにボーカル&アコースティック・ギター草野マサムネスピッツ)、ギター:喜多建介 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、ベース:是永亮祐(雨のパレード[17]

出典[編集]

  1. ^ anan NEWS (2016年3月14日). “こんなミスチル見たことない! ライブの裏が見れる写真展”. T SITE NEWS. https://rockinon.com/blog/ro69plus/140320 2016年9月1日閲覧。 
  2. ^ 今週の一枚 Mr.Children 『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』”. RO69 JAPAN (2015年6月9日). 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c ミスチルの顔で歌うドラマー鈴木英哉のドラムプレイにズームイン!”. Livefreak. 2015年3月8日閲覧。
  4. ^ TAMAホームページ「鈴木英哉シグネチャースネア」より。
  5. ^ ラディック アーティスト
  6. ^ a b 使用楽器 ジェン通
  7. ^ ジルジャンホームページより。
  8. ^ MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U"」から「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」までは上半身裸にはなっていない。
  9. ^ a b c d e f 別冊カドカワ Mr.Children(2004年)、鈴木英哉インタビューより。
  10. ^ 『es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS』75ページより。
  11. ^ “ミスチル、メンバーの負傷で公演中止を発表”. ORICON STYLE (オリコン). (2007年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/44455/full/ 2015年3月8日閲覧。 
  12. ^ 日刊スポーツ 2007年6月23日 芸能面記事などより。
  13. ^ “ミスチル復興支援「かぞえうた」の歌詞は”. 日刊スポーツ. (2011年5月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110510-773932.html 2015年3月8日閲覧。 
  14. ^ Music Lovers|2012-05-06(日)放送 TVでた蔵”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年3月8日閲覧。
  15. ^ 観客と共に歌い、観客を感じながら演奏する”. exciteMusic. 2015年3月8日閲覧。
  16. ^ 『es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS』7ページより。
  17. ^ 椎名林檎20周年トリビュートに宇多田&小袋、三浦大知、LiSA、井上陽水ら”. BARKS (2018年3月2日). 2018年4月12日閲覧。