この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鈴木蘭々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

すずきらんらん
鈴木蘭々
プロフィール
別名義 鈴木 智子 (本名)
愛称 LANLAN
生年月日 1975年8月4日
現年齢 44歳
出身地 東京都練馬区
血液型 A型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 160cm cm / kg
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 1989年
他の活動 実業家
事務所 ウーレル(WOORELL)
その他の記録
日本化粧品検定1級合格、コスメコンシェルジュ取得
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 蘭々(すずき らんらん、1975年8月4日 - )は、日本タレント女優歌手実業家。株式会社WOORELL代表取締役社長。ネコ好き。

経歴

東京都練馬区生まれ。東京都立代々木高等学校から堀越高等学校に編入。

中学1年生の時に原宿でスカウトされ芸能界入り[1]1989年、本名の鈴木智子として資生堂・エクボのCFでデビュー。同年、第1回ミスチャンピオン・準グランプリ(グランプリは宮内知美)にも選ばれる。デビュー当時は長髪で、CMや表紙モデルなどで活躍。

1990年FLYING KIDS シングル「幸せであるように」のPVに出演する[2]

1992年岩井俊二監督の「GHOST SOUP(ゴーストスープ)」で女優デビューした。

1993年頃からドラマバラエティ番組などに出演し、フジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』内のコント「改造人間カスタムひかる」では、松本人志扮する「若松ひかる」の妹・きらり役で注目を集める。

1994年よりフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』に安室奈美恵と「シスターラビッツ」として出演し、一躍ブレイク[1][3]。ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで人気を博す。番組へは当時出演の高泉淳子演じる「山田のぼる」が好きで、事務所の社長に「出たい!」と直談判してオーディションを受け、合格したという[4]。その後バラエティーアイドルとしても活躍。

1995年8月に筒美京平作曲のシングル「泣かないぞェ」で歌手デビュー[1]

1996年CM女王(12社)として数多くのテレビCMに出演[3]

1997年に『木曜の怪談・魔法じかけのフウ』で連続ドラマ初主演を果たし、テレビCMは前年を上回る14社のテレビCMに出演。安室奈美恵の番組降板により「シスターラビッツ」は事実上解散。阿部薫アルバム「心に太陽」の「おたんじょう日」の作詞を担当。

1998年(平成10年)、23歳の時にニューヨークに留学[1]。「自分の中で出し尽くした感があって、自分を変えたい」と思って留学したが、「マドンナに会いたい」という思いもあったという[4][5]。この頃は長髪や金髪にしていた時期もある。

2001年、LANLAN名義で、フジテレビ系ドラマ『愛と青春の宝塚』主題歌「Be With You」をリリース[1]

2004年舞台『ユーリンタウン』(演出・宮本亜門)に出演。

2005年、舞台『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜』では酒井若菜、『ジキル&ハイド』では知念里奈、の代役として出演。

2008年、『ベントラー・ベントラー・ベントラー』では平山あやの代役で出演する。演劇界では数少ない主演級を演じられる「代打女優」と言われるようになる[4]

2013年に芸能生活25周年を迎え、12月に記念ライブ@DDD青山クロスシアター を開催した[1][3]

2014年12月、自身の会社WOORELL(ウーレル)を設立、基礎化粧品ブランドNARIA COSMETICS(ナリアコスメティックス)を立ち上げ、商品プロデュース開始[3]

2017年、舞台『ビッグ・フィッシュ』(演出・白井晃)に出演。

2018年(平成30年)に芸能生活30周年を迎え、11月に記念ライブ@渋谷のJZ Brat を開催[1][3]

2019年12月17日、彼女は新たに楽曲「ビュリホー ビュリホー」(BOLSTAR MUSIC)をリリースする、なお、この楽曲は2000年に世界でヒットしたAQUACartoon Heroes」のカバー[1][3]

出演

テレビドラマ

バラエティ

CM

映画

劇場アニメ

舞台

ディスコグラフィ

シングル

  • MAGIC OF LOVE(1994/11/21)TOo'Sとしてボーカルを担当
  • 一寸桃金太郎/汽車ポッポ鉄道どこまでも/四つの季節(1995/6/1 ポニーキャニオン) シスターラビッツ として
  • 泣かないぞェ(1995/8/8) 「今田耕司のシブヤ系うらりんご」テーマソング
  • なんで なんで ナンデ?(1996/1/1) 日本テレビ系「TVおじゃマンモス」テーマソング
  • kiss(1996/6/21) 日本テレビ系「M-STAGE」エンディングテーマ
  • magic(1996/8/8)
  • ・・・of you(1996/11/1) TBS系アニメ「きこちゃんすまいる」エンディングテーマ
  • Who Who Who(1997/3/31) 鈴木自動車「LET’S」CMソング
  • Shoobie Doobie Doing!(1997/7/1) フジテレビ系ドラマ「木曜の怪談・魔法じかけのフウ」主題歌
  • キミとボク(1998/5/1) フジテレビ系「ポンキッキーズ」メロディ ダブル・オーレコード
  • Be With You ※「LANLAN」名義(2001/12/27) フジテレビスペシャルドラマ「愛と青春の宝塚」テーマソング

アルバム

  • Bottomless Witch(1996/3/21)
  • One and Only(1996/11/21)

企画盤

VHS

  • visualand(1997/03/21)

タイアップ

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 【インタビュー】鈴木蘭々は今何を思う、人気絶頂期に休業した理由 一度は諦めた「歌手」”. MusicVoice (2019年12月16日). 2019年12月16日閲覧。
  2. ^ FLYING KIDS/幸せであるように [MUSIC VIDEO CLIP]”. ビクターエンタテインメントの公式YouTubeチャンネル. YouTube (2009年8月3日). 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 鈴木蘭々、人気絶頂期の苦悩・“相棒” 安室奈美恵・突然の留学を語る”. 週刊女性PRIME (2020年3月8日). 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ a b c 今や“代打女優”の異名 鈴木蘭々の本音インタビュー”. 東スポWeb (2013年12月4日). 2013年12月5日閲覧。
  5. ^ 当時、マドンナはアメリカ国内ではなく、イギリスに移住していた。
  6. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  7. ^ J-アニソン神曲祭り -レジェンド- [DJ和 in No.1 不滅 MIX](2013年3月20日発売) 歌詞ジャケットより。