鈴木貞敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 貞敏
すずき ていびん
生年月日 (1925-08-12) 1925年8月12日
出生地 山形県寒河江市
没年月日 (2009-10-24) 2009年10月24日(84歳没)
死没地 横浜市西区
出身校 東京大学法学部
前職 警察庁長官
所属政党 自由民主党
称号 勲二等旭日重光章

日本の旗 参議院議員
選挙区 山形県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1986年 - 1998年
テンプレートを表示

鈴木 貞敏(すずき ていびん[1] / さだとし[2]1925年大正14年)8月12日 - 2009年平成21年)10月24日[2])は、日本の警察官僚政治家自由民主党参議院議員(2期)。勲等は勲二等旭日重光章[2][3]。なお、名前が似ている元陸軍中将・企画院総裁鈴木貞一との血縁はない(貞一は千葉県出身)。

経歴・人物[編集]

山形県寒河江市生まれ[4][5]

山形県立寒河江中学校(18期)などを経て、東京大学法学部政治学科卒業[1]

1948年昭和23年)国家地方警察に入る[4]淡路島、東京と一線署長を2度経験[6]。その後、警察庁警務局人事課長、警視庁刑事部長、警察庁長官官房長、警察庁刑事局長、警察庁警備局長、警察庁警務局長、警察庁次長を歴任した[4]

1984年(昭和59年)、旧内務省解体後に採用された警察幹部第一期生で、初の戦後派として第十一代警察庁長官に就任[4][6]

1986年(昭和61年)、第14回参議院議員通常選挙山形県選挙区で当選[1][2]。 参議院選挙制度に関する特別委員長を務める[7]。翌年5月、田中派に入会した[8]

1992年(平成4年)、第16回参議院議員通常選挙で再選。1995年(平成7年)農林水産委員長

1998年(平成10年)の参院選に出馬せず、政界引退[2]

肺炎のため[2]2009年(平成21年)10月24日、横浜市西区の病院で死去[要出典]

元秘書[編集]

  • 児玉太 - 鈴木の秘書を4年半ほど務め[5]井上孝岸宏一各参議院議員の秘書も歴任[9]2002年に山形県議会議員補欠選挙村山市区から立候補し、4期連続無投票当選。2015年の県議選にも当初は5期目を目指し出馬の意思を示すが、対抗馬の立候補を受け、健康上の不安を理由に挙げ出馬を取りやめた[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』335頁。
  2. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 2009~2011』322頁。
  3. ^ 「秋の叙勲受章者 勲三等以上と海外分」『朝日新聞』1998年11月3日
  4. ^ a b c d 『日本警察官僚総合名鑑』109頁。
  5. ^ a b 「鈴木貞敏さん死去 気遣いの人だった 関係者悼む」『読売新聞』山形版 2009年10月30日
  6. ^ a b 「今日の顔 第十一代警察庁長官となった鈴木貞敏さん」『読売新聞』1984年9月28日
  7. ^ 参議院会議録情報 第120回国会 選挙制度に関する特別委員会 第1号
  8. ^ 「鈴木貞敏氏が田中派入り」『読売新聞』1987年5月14日
  9. ^ “県議会議員紹介”. 自民党山形県連. https://www.jimin-yamagata.com/giin/kodamahutoshi.html 2019年6月1日閲覧。 
  10. ^ 「県議選激戦区から 村山市区 16年ぶり選択の機会 統一地方選」『朝日新聞』山形版 2015年4月7日

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 2009~2011』日外アソシエーツ、2012年。


公職
先代:
三井脩
日本の旗 警察庁長官 次代:
山田英雄
先代:
三井脩
日本の旗 警察庁警備局長 次代:
山田英雄
先代:
今泉正隆
日本の旗 警視庁刑事部長 次代:
中平和水