鈴木重義 (左衛門尉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
鈴木重義
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 穂積重義
官位 従三位近衛中将
テンプレートを表示

鈴木 重義(すずき しげよし)は、奈良時代公卿神職穂積重義とも。穂積氏の一族。官位左衛門尉従三位近衛中将

経歴[編集]

重義は「紀伊国名草藤白の県主、従三位中将鈴木左衛門尉穂積重義」と称され、勅使として湯浅権太夫玄晴らと熊野神を奉じ、紀伊国から船団を組み陸奥国本吉郡唐桑村細浦に到着し、熊野本宮神を置いた(後の岩手県一関市の室根神社)。重義らは多賀城にいた鎮守府将軍大野東人らに出迎えを受け、勅書を渡した。このとき、大野東人は白馬17騎の諸郷主を召集してこの神輿を出迎えさせ、鈴木重義、湯浅玄晴ら公卿のために宿所を設けたとされる。

また、鈴木重義に該当する人物は穂積姓藤白鈴木氏の系図になく、鈴木重家の子で陸奥国に住した重義のことであるとも云われる。古館家が後裔を称する。

参考文献[編集]

  • 穂積朝臣姓全国鈴木家系図集大成(鈴木実)

関連項目[編集]