鈴木隼人 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 隼人
すずき はやと
政策力×実行力=「もっといい明日」.jpg
生年月日 (1977-08-08) 1977年8月8日(41歳)
出生地 東京都
出身校 東京大学工学部
東京大学大学院修了
前職 経済産業省職員
現職 自由民主党青年局学生部長
所属政党 自由民主党竹下派
称号 修士
公式サイト 鈴木隼人オフィシャル WEBサイト

選挙区比例東京ブロック→)
東京10区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月15日 - 現職
テンプレートを表示

鈴木 隼人(すずき はやと、1977年8月8日- )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元経済産業省職員。党役職は青年局学生部長、中小企業・小規模事業者政策調査会事務局次長、厚生労働副部会長、ネットメディア局次長、遊説局長代理[1]

来歴[編集]

東京都の生まれ。1996年筑波大学附属駒場高等学校を卒業して、2000年東京大学工学部を卒業。2002年東京大学大学院修了[1]。同年、経済産業省に入省し、ヘルスケア政策、中小企業政策、通商政策、行政改革、知財政策、イノベーション政策分野に従事。福田康夫内閣では渡辺喜美行政改革担当大臣大臣補佐官を務めた。[1]

2014年、経済産業省を退職し、同年12月2日第47回衆議院議員総選挙比例東京ブロックから自由民主党名簿第25位で出馬して、初当選。2017年第48回衆議院議員総選挙で自民党公認候補として東京10区から出馬。都民ファーストの会を支援するため自民党を離脱し、希望の党の公認候補となった若狭勝に比例復活も許さず、小選挙区で初当選した[2]

活動・主張[編集]

若者の政治参加[編集]

  • 自身が主宰する若手国会議員のワーキンググループ「若者の政治参加検討チーム」で、投票の利便性向上や若者の社会参画の推進などを柱とする提言を取りまとめ、政府などへの申し入れを行った[3][4]
  • これからの人口減少、超高齢社会を乗り越えていくには、幅広い世代を巻き込んだ健全な民主主義を維持し、国の判断を誤らないようにしていく必要があるとの認識を示している[5]

貧困の連鎖解消[編集]

  • 貧困の連鎖解消を目指すプロジェクト「Youth Aid Japan」を立ち上げている[6]

一億総活躍[編集]

  • 男性の育児参加、企業の育児サポートを普及するプロジェクト「育menサミット」を立ち上げている[7]
  • 女性やシニアに適した働き方として身の丈起業を推奨している[8][9]

健康寿命の延伸[編集]

  • 認知症予防の会」を立ち上げ、認知症予防の活動を行っている[10]
  • 認知症予防に関する国内初の全国組織である「全国認知症予防ネットワーク」を立ち上げ、認知症予防の普及啓発、予防の質の向上などに取組んでいる[11][12][13]
  • 「生活習慣病や認知症の予防を推進することで一人一人がいつまでも元気に暮らせるようにするとともに、社会保障費の上昇抑制にもつなげていきたい」と語っている[14]

外交・安保[編集]

  • 自身が中心メンバーとして政策立案を進める「サイバーセキュリティ議連」で、制度整備や人材育成などを柱とする提言を取りまとめ、首相などへの申し入れを行った[15][1]

東日本大震災復興支援[編集]

  • 東日本大震災の直後に復興支援NPO「BLUE FOR TOHOKU」(現在の名称は「BLUE FOR JAPAN」)を立ち上げ、被災地の児童養護施設への支援を継続している[16]

著書[編集]

  • 『なぜ、身のたけ起業で幸せになれるのか?』 マキノ出版、2017年8月25日。ISBN 978-4837672593。

脚注[編集]