鉄砲町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 鉄砲町
鉄砲町
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
中区
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
ナンバープレート 名古屋

鉄砲町(てっぽうちょう)は、愛知県名古屋市中区地名1966年昭和41年)3月30日二丁目および栄三丁目にそれぞれ編入され、廃止されている[1]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

慶長年間に清洲越しに伴い、鉄砲師が移住したことに由来する地名とされる[2]。のちに鉄砲師たちは当地を離れ、御園町大下に移っている[2]

沿革[編集]

人物[編集]

施設[編集]

明暦年間の禁止まで、広小路筋と蒲焼町筋の間の旅籠屋町と称する小路に遊女が置かれた遊郭があったという[3]。また、広小路筋にそって牢屋敷も所在したとされる[3]

寺院として、柳薬師新福院・修験良宝院・浄土真宗本願寺派長円寺があった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。全国書誌番号:93012879

関連項目[編集]