鉄道史学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鉄道史学会(てつどうしがくかい)は、鉄道の歴史工学技術面だけでなく、政治経済文化など多方面から学術的に研究することを目的とした学会で、1983年に設立された[1]

主な活動は、毎年1回の総会と数回の研究会の開催、会報の発行である。総会の開催場所としては大学などが使用される[1]。また、大学と共催で企画展も開催する[2]

沿革[編集]

  • 1983年 - 鉄道史学会設立。初代会長は和光大学原田勝正[3]
  • 1984年8月 - 会報『鉄道史学』第1号を発行[4]
  • 1994年 - 学会創立10周年を記念して『鉄道史文献目録〈私鉄社史・人物史編〉』を発行[5]

主な出版物[編集]

会報[編集]

書籍[編集]

  • 『鉄道史文献目録〈私鉄社史・人物史編〉』 鉄道史学会、鉄道史学会 制作、日本経済評論社 発売、1994年6月10 出版。ISBN 978-4818807563。

主な会員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鉄道史学会の活動状況」、『土木学会土木史研究委員会ニュースレター / 土木史フォーラム』5号  1997年4月20日、 p5、PDF:p5/8、2009年10月4日(日)閲覧。より。
  2. ^ “平成9年度企画展「滋賀県における鉄道の発展と地域社会」”, 滋賀大学経済学部付属資料館 / 企画展示 鉄道史学会 共催 (1997年9月24日 - 12月25日), http://www.shiga-u.ac.jp/main.cgi?c=28/10/1:12 2009年10月4日(日)閲覧。 より。
  3. ^ 和光大学名誉教授。2008年4月7日逝去 -- “オープン・カレッジぱいでいあ2008 講座詳細”, 和光大学 大学開放センター (和光大学), http://www.wako.ac.jp/kaihou/koza08/detail.php?id=58 2009年10月4日(日)閲覧。 より。
  4. ^ 鉄道史学会「鉄道史学」、『鉄道史学』第1号、日本経済評論社、1984年8月ISSN 0913-95912013年5月20日閲覧。
  5. ^ 鉄道史学会 『鉄道史文献目録〈私鉄社史・人物史編〉』 日本経済評論社、1994年6月。ISBN 4818807567。

関連項目[編集]