出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鉤縄
釣り針(釣り鉤)

鉤・鈎(かぎ、こ、こう、はり、ち、はぜ)は、先が曲がった棒状の、もっぱら金属製の器具である。曲がった部分を何かに引っ掛けて使う。フック英語: hook)。もっぱら「かぎ」と読むが、分野によっては他の読みをする。

鉤の例[編集]

  • 「かぎ」と読むもの
    • 手術用器具。組織を引っかけて牽引するのに用いられる。
    • 漁具魚類貝類などを捕獲するのに用いられる。
    • 武器の種類。長い柄の先が曲がっており、敵に引っ掛けることができる。
    • 鉤縄 - 先に鉤を結わった縄。
    • 鉤針 - 先が曲がった編み物用の
    • 鉤爪 - 道具ではないが、細長く湾曲した、肉食獣などの爪。
  • その他
    • 釣り針。「はり」、または古語では「ち」と読む。
    • を巻き上げ、掛けて置くための道具。「こ」と読む。
    • はぜ。板金を接続するときに折り曲げる部分。「はぜ」と読み、馳とも書く。
    • 。「こう」、またはピン音読みで「ゴウ(Gou)」。中国武術の武器。

鉤形にちなんだ名称[編集]

  • 鉤十字 - 四方の先が曲がった十字型。ナチ党のシンボルマークハーケンクロイツとして知られる。
  • 鉤括弧 - “「□□□□」” 形の括弧。日本語引用符などに使う。
  • 亅 - 漢字の筆画の種類。鉤と書いた場合は「こう」と読む。部首としては亅部
  • 海馬鉤 - 大脳の一部。「かいばこう」と読む。海馬傍回の前端のかぎ状に湾曲した部分。
  • 鋳造鉤 - 義歯の維持装置で鋳造にて製作された物。ワイヤー屈曲て製作された物を「線鉤」という。歯科技工

関連項目[編集]

  • 鉤で始まる記事の一覧