銀州 (陝西省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

銀州(ぎんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から宋代にかけて、現在の陝西省楡林市一帯に設置された。

概要[編集]

563年保定3年)、北周により乞銀城に銀州が設置された[1]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、銀州の属郡の真郷郡と開光郡は廃止された。606年大業2年)、銀州は廃止され、その管轄県は綏州に移管された。綏州は上州と改められた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、上州は雕陰郡と改称された[2]

628年貞観2年)、梁師都を滅ぼすと、隋の雕陰郡儒林県の地に銀州が置かれた。742年天宝元年)、銀州は銀川郡と改称された。758年乾元元年)、銀川郡は銀州の称にもどされた。銀州は関内道に属し、儒林・撫寧真郷開光の4県を管轄した[3]786年貞元2年)、吐蕃の侵攻を受けて、銀州は陥落した[4]

北宋のとき、銀州は西夏の統治下におかれた。1070年熙寧3年)に北宋が銀州を奪回したが、まもなく失陥した。1081年元豊4年)、北宋が銀州を奪回した。翌年に永楽小川に新城を築いて銀川砦といったが、ほどなく西夏に奪われた。1105年崇寧4年)、北宋が銀州を奪回した。1106年(崇寧5年)、銀州は廃止され、銀川城とされた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 周書』武帝紀上
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 『旧唐書』徳宗紀上
  5. ^ 宋史』地理志三