銃殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

銃殺(じゅうさつ)、または射殺(しゃさつ)は、を用いて主に人間を絶つこと。

「銃殺」は、特に「銃殺刑」を執行する場合を指すこともある。他方、「射殺」は動物や人間を撃ち殺す行為一般を指し、などを含む飛び道具全般について用いることができる。銃殺刑でない場合は、戦争行為も含めて後に殺人罪として刑罰に問われることが通常である。

日本における銃器死者の記述(記録上の鉄砲の実戦使用)は、16世紀中頃の天文19年(1550年7月14日洛中の合戦三好長慶軍の部将三好弓介与力1人が細川晴元軍の鉄砲に当たって死亡したのが文献上の初見とされる[1]

その後、明治から昭和にかけて政治家に対する突発的な銃殺事件が増えた。伊藤博文暗殺や、五・一五事件二・二六事件などが挙げられる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 今谷明著『戦国の世』日本の歴史[5] - (岩波ジュニア新書 2000年(平成12年)) ISBN 4-00-500335-4 p.103

関連項目[編集]