銅田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
銅田駅
駅跡鉄道公園と廃線敷
駅跡鉄道公園と廃線敷
どうた
Dōta
敷根 (2.5km)
(1.9km) 金剛寺
所在地 鹿児島県国分市上井
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 94.4km(志布志起点)
電報略号 トタ
ホーム 1面1線
開業年月日 1972年(昭和47年)9月9日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月14日
テンプレートを表示

銅田駅(どうたえき)は、鹿児島県国分市上井(現在の霧島市国分上井)にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

廃止時の構造[編集]

  • 起点の志布志駅から、94.4kmの地点にあった。
    • 旧・国分市内に入り、各駅間の距離がかなり詰まっていた。
  • 1面1線の単式ホームを有する列車交換不能駅、かつ地上駅であった。
  • 駅舎はなく、ホームとその上の待合所のみの駅であった。
  • 築堤の上にあった。
  • 無人駅であった。

歴史[編集]

  • 1972年(昭和47年)9月9日 - 古江線(後の大隅線)の海潟温泉駅 - 国分駅間の延伸開業と同時に、新設。旅客営業のみ。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
敷根駅 - 銅田駅 - 金剛寺駅

廃止後の現状[編集]

築堤は崩され一般道と化し、跡形は全くないが、当駅の跡地には鉄道記念公園が設置されており、車掌車ヨ8000型・駅名標・踏切警報機が保存されている。駅跡付近に霧島市国分ふれあいバスの停留所(南公園)が設置されているが、朝と夕方のみの運行である。

関連項目[編集]