銚子連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
地域高規格道路
銚子連絡道路
CHOSHI RENRAKU ROAD
国道126号標識
銚子連絡道路
国道126号バイパス
路線延長 5.9 km(計画総延長:約30 km)
開通年 2006年[1]
起点 松尾横芝IC[1](千葉県山武郡横芝光町
主な
経由都市
千葉県山武市、山武郡横芝光町
終点 横芝光IC[1](千葉県山武郡横芝光町)
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

銚子連絡道路(ちょうしれんらくどうろ)は、千葉県山武市銚子市を結ぶ延長30キロメートル (km) を予定している地域高規格道路国道126号バイパス)である。

概要[編集]

1994年平成6年)12月16日計画路線に指定され、第一期工事として首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の松尾横芝インターチェンジ (IC) から横芝光町の一般国道126号までの6.1 kmが自動車専用道路(一般国道126号山武東総道路)として整備された。また、匝瑳市までの5 km区間が山武東総道路二期として事業採択され、さらにその先の旭市までの13 km区間が調査区間とされている。旭市からは国道126号飯岡バイパスなどの現道活用が予定されている。

自動車専用道路区間は全て千葉県道路公社の管理となっている。

一期

二期

  • 起点:千葉県山武郡横芝光町芝崎
  • 終点:千葉県匝瑳市横須賀
  • 全長:5.0 km
  • 車線数:暫定2車線(予定)
  • 償還予定:未定

三期[3]

  • 起点:千葉県匝瑳市横須賀
  • 終点:旭市イ 
  • 全長:13 km
  • 車線数:2車線
  • 償還予定:未定

銚子市を中心とする東総地域から千葉市までを往来を1時間以内に短縮する事を目的とした「県都1時間構想」に基づくものであり、同時に国道126号現道の混雑緩和など交通環境改善という役割を担っている。

沿革[編集]

開通予定年度[編集]

通行料[編集]

  • 普通車 : 210円
  • 大型車 : 360円

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 備考 所在地
C4 圏央道 東金木更津方面
93 松尾横芝IC/JCT C4 首都圏中央連絡自動車道(直結) 山武市
横芝光IC 国道126号 横芝光町
- 八日市場IC(仮称) 千葉県道48号八日市場野栄線 2023年度開通予定[4] 匝瑳市
調査中・基本計画区間

※松尾横芝ICでは、銚子連絡道路と一般道路を接続する出入口は設置されておらず、圏央道に直結する。このため、銚子連絡道路のみの通行はできない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “銚子連絡道路「松尾横芝IC-横芝光IC」きょう開通 山武・東総の活性化に期待 国道126号の渋滞緩和も アクセス強化に寄与 千葉県知事 堂本暁子”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10-11. (2006年3月25日) 
  2. ^ a b 県土整備部道路計画課 (2015年10月6日). “千葉県道路公社有料道路の夏期無料開放キャンペーンの交通量について”. 千葉県ホームページ. 千葉県. 2016年1月13日閲覧。
  3. ^ 千葉県. “銚子連絡道路(匝瑳市~旭市間)道路計画の説明会について” (日本語). 千葉県. 2020年9月23日閲覧。
  4. ^ 匝瑳市. “銚子連絡道路の都市計画原案の説明会を開催しました” (日本語). 匝瑳市. 2021年1月5日閲覧。

関連項目[編集]