銭昌照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銭昌照
Qian Changzhao.jpg
『中国当代名人伝』
プロフィール
出生: 1899年光緒25年)
死去: 1988年10月4日
中華人民共和国の旗 中国北京市
出身地: 清の旗 江蘇省蘇州府常熟県鹿苑鎮(現在の張家港市塘橋鎮)
職業: 政治家
各種表記
繁体字 錢昌照
簡体字 钱昌照
拼音 Qián Chāngzhào
和名表記: せん しょうしょう
発音転記: チェン チャンヂャオ
ラテン字 Ch'ien Ch'ang-chao
テンプレートを表示

銭 昌照(せん しょうしょう)は中華民国中華人民共和国の政治家。乙藜

事跡[編集]

若年時代にイギリス留学し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号を取得した。1922年から1924年までオックスフォード大学経済学を研究している。

帰国後の1928年民国17年)3月、銭昌照は国民政府で外交部秘書、文官処秘書となる。1931年(民国20年)6月、教育部常務次長に昇進した。その翌年、国防設計委員会副秘書長に転じ、1935年(民国24年)5月、軍事委員会資源委員会副秘書長となっている。1940年(民国29年)5月、資源委員会(この時点で経済部に移管)副主任委員に昇進した。1941年(民国30年)9月、行政院全国水利委員会委員となり、1945年(民国34年)5月、中国国民党第6期中央執行委員候補となった。

1946年(民国35年)5月、銭昌照は資源委員会主任委員に昇進し、翌月には国民政府最高経済委員会委員も兼任した。10月、資源委員会が行政院直属に移ったことに伴い、主任委員から委員長に改められている。1947年(民国36年)4月、国防部科学委員会委員となった。その翌年の秋に出国して海外へ視察に赴いている。

1949年6月に帰国すると、銭昌照は香港経由で北平に向かい、中国共産党政権への参加意思を表明した。中国人民政治協商会議(政協)第1回全体会議代表(後に第1期全国委員)となっている。中華人民共和国成立後は、全国人民代表大会代表(第1~4期)、全人代常務委員会法案委員会委員、政務院財経委員会委員兼計画局副局長を歴任した。さらに政協第5期・第6期には全国委員会副主席を務め、全人代でも法制委員会委員となった。また、中国国民党革命委員会(民革)にも加入し、後に中央副主席を務めている。

1988年10月14日、北京市にて病没。享年90。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)
先代:
(創設・移管)
資源委員会委員長
1946年10月 - 1947年4月
次代:
翁文灝