鋤崎古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鋤崎古墳(すきざきこふん)は、福岡県福岡市西区今宿青木字鋤崎にある古墳で、国の史跡に指定されている[1]今宿古墳群の古墳の1つで、同古墳群の代表的な存在。

概要[編集]

墳長62m・高さ7mの前方後円墳であり[2]、横穴式石室(初期)が1つ、埴輪棺が3つ、小石棺が1つある。時代は古墳時代前期末から中期初頭と考えられている。4世紀末の築造であり、古墳時代の研究には欠かせない非常に重要な古墳である。墳丘は3段で、葺石、埴輪列がある[3]1981年から1983年にかけ、福岡市教育委員会により調査されている。これまで、石室内で主に以下のような出土品がある(括弧内は数)。

なお、鋤崎古墳は2004年に国の史跡となった。

脚注[編集]