鋼鉄 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
鋼鉄
Acciaio
監督 ヴァルター・ルットマン
脚本 ヴァルター・ルットマン
原作 ルイジ・ピランデルロ
製作 バルタッサレ・ネグロニ
エミリオ・チェッキイタリア語版
出演者 イザ・ポーライタリア語版
ピエトロ・パストーレ英語版
ヴィットリオ・ベラチーニ
音楽 ジャン・フランチェスコ・マリピエロ
撮影 マッシモ・テルツァーノ、ドメニコ・スカラ
編集 ジュゼッペ・ファチガチ
ヴァルター・ルットマン
公開 イタリア王国の旗 1933年3月31日
上映時間 67分
製作国 イタリア王国の旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

鋼鉄』(こうてつ、原題:Acciaio)は、1933年のイタリアの映画トーキー)。原作は『お気に召すまま』などの作者であるルイジ・ピランデルロ。イタリアのテルニ製鋼場を舞台に、実話に基づいたドキュメンタリー的要素とフィクションを組み合わせたストーリー。日本未公開、ソフト未発売。

あらすじ[編集]

イタリアのテルニで生まれ育ったマリオは、故郷を離れて自転車競技の選手として暮らしていた。しかし恋人ジナを思って帰郷し、テルニ製鋼場の職工となった。そこで一緒に働くピエトロは、マリオが故郷を離れている間にジナと婚約していた。製鋼場でマリオとピエトロが共同作業をしていたある日、ピエトロが作業中の事故で命を落とす。

キャスト[編集]

  • ジナ - イザ・ポーライタリア語版
  • マリオ - ピエトロ・パストーレ英語版
  • ピエトロ - ヴィットリオ・ベラチーニ