錦町 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 錦町
錦町
JR天満駅
錦町の位置(大阪市内)
錦町
錦町
錦町の位置
錦町の位置(大阪府内)
錦町
錦町
錦町の位置
北緯34度42分17.64秒 東経135度30分45.17秒 / 北緯34.7049000度 東経135.5125472度 / 34.7049000; 135.5125472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
北区
面積
 • 合計 0.062774559km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 201人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
530-0034[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

錦町(にしきちょう)は、大阪府大阪市北区町名。丁番を持たない単独町名である。

地理[編集]

大阪市北区東部に位置。北は池田町、南は天神橋5丁目、南はJR大阪環状線を挟んで天神橋4丁目、東は阪神高速11号池田線を挟んで天満橋に接する。

地内南側はJR大阪環状線天満駅があり、地内北部は天満市場となっている。

歴史[編集]

もとは西成郡川崎村と国分寺村のそれぞれ一部。

  • 1889年明治22年)4月1日 町村制施行により、西成郡川崎村、豊崎村大字国分寺となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 大阪市へ編入され、北区川崎、豊崎大字国分寺となる。
  • 1900年(明治33年) 天神橋筋東1 - 2丁目・天満橋筋西1 - 2丁目の町名に改編。
  • 1924年大正13年) 天神橋筋東1 - 2丁目・天満橋筋西1 - 2丁目のそれぞれ一部を北錦町・南錦町の町名に改編。
  • 1978年昭和53年) 錦町の現行町名に改編。
    • もと北錦町が錦町に概ね該当し、もと南錦町は天神橋4丁目の一部となった。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
錦町 137世帯 201人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 164人 [5]
2000年(平成12年) 282人 [6]
2005年(平成17年) 224人 [7]
2010年(平成22年) 278人 [8]
2015年(平成27年) 248人 [9]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 95世帯 [5]
2000年(平成12年) 214世帯 [6]
2005年(平成17年) 162世帯 [7]
2010年(平成22年) 206世帯 [8]
2015年(平成27年) 175世帯 [9]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

番・番地等 小学校 中学校
全域 大阪市立菅北小学校 大阪市立天満中学校

事業所[編集]

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[11]

町丁 事業所数 従業員数
錦町 63事業所 792人

施設[編集]

正道会館総本部
  • 正道会館
  • 国労大阪会館(国労会館)
  • 天満駅前プラザ
  • 大阪天満研修センター

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
主要地方道

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 錦町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  11. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  12. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]