錦織幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
錦織幹

錦織 幹(にしきおり かん、1874年明治7年)12月7日[1] - 1955年昭和30年)7月28日[2])は、内務官僚長崎市長

経歴[編集]

愛媛県出身。 父は判事を務めた錦織義弘・リウの子[3]1896年(明治29年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業[1]1899年(明治32年)に高等文官試験に合格した[1]。内務属、秋田県参事官鹿児島県参事官、山形県事務官長崎県港務長、島根県事務官、山梨県内務部長、千葉県内務部長[4]新潟県内務部長[5]などを歴任した[1]1917年(大正6年)に休職となった後は[5]、日本スレートアスフハルト工業株式会社取締役、証券交換所株式会社取締役を務めた[6]

1922年(大正11年)、長崎市長に選出された[7]1926年(大正15年)11月10日に退任するまで4年間在職した。正五位勲四等。享年82歳。墓所は多磨霊園[2][3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第6版』 人事興信所、1921年
  • 『長崎市制五十年史』 長崎市、1939年