鍋屋上野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鍋屋上野町(なべやうえのちょう)は、愛知県名古屋市千種区東区の地名。

地理[編集]

東区鍋屋上野町は区東部の道路に残存するのみである[1]。千種区鍋屋上野町は区北部にあり、字汁谷は茶屋ケ坂公園・茶屋ケ坂池などが所在する地域であり、東は希望ケ丘、西は赤坂町、南は霞ケ丘、北は揚羽町にそれぞれ接する[2]。また、字東脇の東は天満通、西は上野、南北は下方町にそれぞれ接している[2]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)10月1日 - 西春日井郡鍋屋上野村が合併に伴い、従来の領域を愛知郡鍋屋上野村大字鍋屋上野とする[3]。また、同時に旧千種村の範囲を大字千種とした[3]
  • 1906年(明治39年)5月10日 - 合併に伴い、愛知郡東山村大字鍋屋上野となる[3]
  • 1921年(大正10年)8月22日 - 名古屋市編入に伴い、同市東区鍋屋上野町となる[3]
  • 1937年(昭和12年)10月1日 - 千種区編入に伴い、同区鍋屋上野町となる[3]
  • 1942年(昭和17年)9月20日 - 東区矢田町の一部を編入する[3]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 千種区鍋屋上野町の一部により、東区鍋屋上野町が成立する[4]
  • 1980年(昭和55年)11月23日 - 東区鍋屋上野町の一部が東区清明山二丁目に編入される[4]
  • 1981年(昭和56年)10月25日 - 東区鍋屋上野町に千種区猪高町大字猪子石の一部が編入される[4]。また、東区鍋屋上野町の一部が千種区千代田橋一丁目に編入される[5]。千種区千代田橋二丁目には千種区鍋屋上野町の一部が編入される[5]
  • 1984年(昭和59年)
    • 1月15日 - 千種区鍋屋上野町および東区鍋屋上野町の各一部が東区前浪町に編入される[4]。また、東区鍋屋上野町の一部が東区大幸南一丁目および同大幸南二丁目にそれぞれ編入される[4]
    • 10月22日 - 東区砂田橋一丁目・同砂田橋二丁目・同砂田橋三丁目・同砂田橋四丁目・同砂田橋五丁目に東区鍋屋上野町の一部がそれぞれ編入される[4]。また、千種区鍋屋上野町の一部が東区砂田橋一丁目・同砂田橋五丁目にそれぞれ編入される[4]
  • 1988年(昭和63年)11月20日 - 千種区鍋屋上野町の一部が東区砂田橋五丁目に編入される[4]。東区鍋屋上野町は千種区宮の腰町となり廃止される[4]
    • このほか、北千種二丁目・萱場二丁目・清明山一丁目・清明山二丁目・上野一丁目・上野二丁目・谷口町・宮の腰町・光が丘一丁目・光が丘二丁目・千代田橋二丁目・竹越一丁目・竹越二丁目・宮根台一丁目・宮根台二丁目・千代が丘・萱場町・上野町・下方町・天満通にそれぞれ編入されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。全国書誌番号:93012879

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、鍋屋上野町に関するカテゴリがあります。