鍋島直明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鍋島 直明(なべしま なおあきら、明治2年12月25日1870年1月26日) - 昭和12年(1937年11月19日)は、明治時代華族陸軍軍人政治家。陸軍少将正三位勲二等功四級男爵貴族院議員

長女・純子は、伯爵牧野伸顕の長男・伸通と結婚。上皇后美智子の皇太子妃時代の東宮女官長を勤めた。その娘に名門松濤幼稚園創設者の林貞子らがいる。鍋島茂明海軍中将は、兄・鍋島茂麟の子。

経歴[編集]

肥前国佐賀に深堀鍋島家鍋島茂精(孫六郎)の次男として生まれた。明治28年(1895年)藩主一門の白石鍋島家鍋島直暠の長女渭子の入夫となり家督を継ぐ。明治25年(1892年陸軍士官学校(3期)卒業。明治26年(1893年)陸軍騎兵少尉となる。明治30年(1897年)10月27日、男爵に叙爵した。近衛騎兵聯隊中隊長、載仁親王付武官となる。大正3年(1914年騎兵第六連隊長を務め、大正5年(1916年)8月、陸軍騎兵大佐となり竹田宮恒久王附武官となる。大正8年(1919年)7月25日、陸軍少将となり、同日、予備役に編入された。

大正11年(1922年)9月より没するまで貴族院男爵議員となる。所属会派は公正会。昭和12年薨去行年69歳。墓所は多磨霊園家督は鍋島直高が継いだ。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月10日。
  3. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  4. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。

参考文献[編集]

  • 日本人物大辞典(講談社)
  • 歴代閣僚と国会議員名鑑(憲政資料編纂会)
  • 平成新修旧華族家系大成(霞会館華族家系大成編輯委員会)


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
白石鍋島家初代
1897年 - 1937年
次代:
鍋島直高